宅地建物取引業法

●建物取引の基本、宅地建物取引業法について知ろう

宅地や建物の取引に関して、基本になるのが「宅地建物取引業法」の存在です。

宅地建物取引業法は、不動産関連の法律の中でも非常に有名ですから、知っている人も多いのはないでしょうか。

建物と宅地の取引は、この法律がベースになって行われています。

 

○宅地建物取引主任者

いわゆる「宅建」と呼ばれる資格がこの「宅地建物取引主任者」という資格です。

宅地建物取引業法の資格を取得するうえで、「宅地建物取引主任者」の資格は必要不可欠なもの。

ここで、「宅地建物取引主任者」の資格についてお話しましょう。

宅地建物取引主任者とは、不動産売買に関する業務や賃貸物件に関する交渉などを行うことができる資格です。宅地建物取引主任者は非常に人気がある資格で、数ある国家資格の中でも非常に人気があり、多くの人がこの資格取得を目指して努力をしています。なぜそんなに人気があるのかというと、不動産業を営もうとしている場合は必ずこの「宅地建物取引主任者」の資格が必要になるためです。

不動産業を目指す人な、かならずと言っていいほどこの資格を目指していると言っても過言ではないでしょう。

 

○宅地建物取引主任者ができる仕事

宅地建物取引主任者二しかできない仕事がありますので、こちらをご紹介します。

まず、宅地建物取引主任者の資格があると「賃貸物件に関する説明」などの仕事をすることができます。

賃貸物件を借りようとするとき、多くの人が説明を求めますよね。その物件に関して知りたいことを聞くことができる、それが宅地建物取引主任者の存在です。条件があれば、それもあわせてきちんと説明します。

不動産売買や賃貸物件の取引において、誤解の内容に話を進めていく仕事。それが「宅地建物取引主任者」といっても過言ではないでしょう。

他にも、具体的な契約は宅地建物取引主任者のもとで行われます。

 

○不動産を営む場合

宅地建物取引主任者は、不動産屋の従業員5人に対して一人の割合で必要になります。

もし宅地建物取引主任者がいなければ、その不動産会社は経営を続けることができません。

だから、不動産業を営む企業では、必ず宅地建物取引主任者を置いて仕事をしています。不動産業業界が存続する限り、「宅地建物取引主任者」は必ず必要な資格になるでしょう。だからこそ貴重であり、多くの人が取得を目指す仕事なのです。恐らくは、今後も多くのところで利用されていく資格ですので、目指しがいがある資格だとおもいますよ。ただ、難易度はとても高いので合格できるかどうかはその人次第ですね。

 

Posted on: 2014年4月20日, by : user