国土利用計画法

●土地の利用を制限した法律のこと

私たちが住む胃日本というのは、絵回から見ても本当に小さな島国です。

しかもすべての土地が有効に使えるわけではありません。山や川などに面積をとられてしまっている場所もたくさんあります。その中で、人が住むことができる様に環境を整えることができる場所というのは本当にわずかではないでしょうか。

だからこそ、私たちは国土を十分な計画をもって作り上げなければなりません。

有意義に土地をつかうことができる様に、いろいろな決まり事を使って「有効活用をできる様にしよう」と定めたのが「国土利用計画法」という決まりです。

 

○届出や許可について

国土利用計画法のなかで大事なのは、国土がきちんと利用されようとしているのを妨害するような計画や、地価が上がると思われる場所の取引については、届出を出さなければならないという決まりがあります。

届出には三つの種類があって、「事後届け出制」「注視区域内における事前届け出例」「監視区域内における事前届け出例」の三つがあります。この届け出を出すことが義務いなっていますので、この届け出を出してからきちんと利用をすることになります。

 

○規制区域について考える

土地の中には、都道府県知事が許可を出してはじめて土地のやり取りが可能になるというところも。

ただ、この規制区域に関してはこれまで運用をされたことがないそうですので、あまり意識する必要はないのかもしれません。「こういう法律がある」ということだけ、頭に入れておいてほしいですね。

 

●東京都の例について考える

この国土利用計画法に関しては、東京都内をはじめおおくのところで利用されていますが、ここでは「東京での利用のされ方」について触れてみたいと思います。

東京都では、土地の取引にかかわる計画については、きちんとした届出をするようにと法律を定めています。

届出が必要な範囲についてもきちんと定められていて、規模によって届け出が必要になるかどうかも決められているとか。使う土地が起き蹴れば大きいほど届出が必要になることが基本ですが、そればかりではなく小さい土地でも届け出が必要な場合があります。

 

この様に、国土利用計画法に関してはすべてにしっかりとした決まり事がありますので、自分が住んでいる土地にはどんなきまりがあるのか、他の地域との違いは何かについて、調べてみると面白いかもしれません。私たちが住む地域にもきちんと決まり事があり、その条件に沿って利用尾のされ方が決まっているというのは、あまりしられていませんがたいせつなことなのです。

 

Posted on: 2014年9月20日, by : user