不動産用語~売買編2~

「私たちには関係ない」と思うかもしれませんが、不動産についてきちんと調べておくことは大事なこと。

なぜなら、私たちは何らかの形でこの不動産のお世話になることで生活をすることができているからです。

そんな「不動産の住居」に関してしべておくと、私たちの住居はどんな風に守られていて、どんな権利があるのかについてきちんと知ることができます。特にマイホームを所有している人は、この不動産用語についてきちんと知っておくことが非常に大切なことになるでしょう。

 

○私道

国や市町村が管理している道路を「公道」といいますが、たいして「個人が管理している道路」のことを「私道」と呼んでいます。細くて小さい道があったとき、それは私道である可能性もあり、勝手にとおってはいけないこともありますので注意しましょう。この私道には問題点も多く指摘されています。

例えば、公道であれば国がおかねをかけて整備をしてくれますが、私道の場合はそれがありません。

なので、道路が傷んでいると思っても持ち主がどうにかしようとしない限り、ずっとそのままになってしまう可能性があります。これは、私道に関する大きなトラブルにつながる可能性もある問題です。

 

○媒介

不動産売買を行う時、間に入って取引のお手伝いをしてくれる人を「媒介」といいます。

不動産関連の業者であることが多いですね。

不動産のやりとりを友人同士でする場合でも、やはりこの媒介はあることが望ましいです。なぜなら、不動産というのはとても大きな買物になりますので、仲が良くてものちに話がこじれてしまう可能性もあるためです。

また、「仲がいいから安くして」などと知り合いならではの感情が出てくることもありますから、友達とはいえこの媒介をとおしてやり取りをするということは必要なことになるでしょう。ぜひ、媒介の業者に入ってもらうことをかんがえてみて下さい。

 

○代理

不動産を売りたいと思っても、広告を出したり宣伝を出して利、というところまでを個人で請け負うのは大変です。そこで「代理」を使い、不動産を売るために必要なことを任せる人がとても多いです。こちらも、不動産に関してきちんと知識がある人が¥行う場合が多いですね。

もちろん、不動産売買に関してはきちんとした法律がありますのでそれを守って行うことが必要になります。誰でも好きにできないというのは、そういうことなんですね。

 

こういった不動産のことを調べてみると本当に面白いので、ぜひ調べてみて下さい。

 

Posted on: 2015年1月20日, by : user