地域にも気を付けなければいけません

○その地域の治安はどう?

「住まい」というと、その家の設備にばかりに目がいってしまいますが、もうひとつ気を付けなければならないものに「地域」があります。
その地域がどんな地域なのか、住んでいて大丈夫な土地かということを考えて下さい。

日本は全国どこでも比較的治安がいいですが、それでも「住まない方がいい地域」が存在します。

たとえば、事件が多い地域。

事件が頻繁に起きるような地域には、やはりそれなりの理由があると思った方がいいでしょう。

その地域に住んでみると解りますが、やはり「治安が良くない」という場所は存在するようで、
住んでからそのことに気づいて苦労をする・・・という人が少なからずいます。
そういうことを考えれば、事前に治安を調べて「住んでいい場所かどうかを知っておく」ということが大事です。

 

○犯罪情報マップを活用

あなたが「治安が悪い地域を避けたい」と思うなら、犯罪情報マップの利用をオススメします。

犯罪情報マップは、自分が住んでいる県の犯罪率を調べることができるマップのこと。これを使えば、ある程度は治安の良しあしを知ることができるでしょう。

ある程度の目安として、このマップの使用は本当にお勧め。引っ越しをする時は、
まずこのマップを参考にしてみてくださいね。

 

○いくつかの不動産屋に治安について聞くこと

不動産屋は、職業柄「その地域がどんな治安なのか」についてきちんと知っています。

もし引っ越しが決まったら、「住んでも安全な地域」「やめておいた方がいい地域」について聞いておきましょう。

しかし、不動産屋も商売ですから濁す場合もあります。こういうこともありますので、
必ずいくつかの不動産屋に確認するのがオススメです。

 

○女性の場合は夜道についても調べる

女性の一人歩きはとくに気を付けなければならないもの。

もし家を選ぶなら、道にきちんと電灯がついている、
お店がある(コンビニは24時間営業なので心強いです)、住宅街である程度人どおりがあるなどのところを選びましょう。
また、バスを使う場合はバス停の有無をきちんとチェックすること。
バス停から自宅が近ければ安心ですよね。

 

この様に、住宅を選ぶ工夫というのはたくさんありますので、きちんと治安を調べて「住んでいいところかどうか」を確認しましょう。
それをしないで住んだために、あとから苦労をした・・・ということもないわけではありません。

そのことを考えれば、最初からきちんと治安を調べておいた方が得策なのです。

 

 

Posted on: 2013年12月17日, by : user