風呂釜の故障、借主がお金を出すのか?

住まいのトラブルで多いのが、備え付けの備品が壊れてしまった場合の修理に関してです。
マンションやアパートには、あらかじめ「備え付けの備品」があることも少なくありません。
例えば、風呂釜やエアコンなどは、マンションにもともとあったものについては、「家主」「借主」どちらの負担で修理をすることになるのでしょうか。

・原則的に、貸主負担になることが多い
例えば風呂釜が壊れてしまった場合、誰が修繕費を出すことになるのでしょうか。
この様な備品が故障してしまった場合、原則として「貸主が修繕費を負担する」ということが多いそうです。

もちろん、借主が故意的に壊してしまった場合は、借主負担の修理となります。
でも、風呂釜はめったなことでは壊れませんので、普通は「経年劣化による故障」とみなされるでしょう。
経年劣化の場合、借主にはどうしようもないので、多くの場合が「家主負担」と判断されるはずです。

・悪質なケースもあるので注意
しかし、実例を見るとありえないほど悪質な例があることも事実。
明らかに経年劣化による故障なのに、それを認めずに「借主負担で料金を支払ってください」などという家主もいるので、注意が必要です。
これは風呂釜だけでなく、部屋の部品のあらゆるものに対して言えることです。

サイトで『建物トラブル』を検索してみても、「なぜか借主側で負担しろなどと言われ、困っている」という悩みが多く記述されていますので、家主からの不当な請求に困っている人は少なくありません。
「どうせ、保険に入っているんだからいいだろう」などという意見で、勝手に借主負担にしてしまうようなとんでもない家主も存在しますので、注意が必要になります。

借主は、不動産に対してきちんとした知識を持っていない人がほとんど。
だから、だます様なことをしてもきづかないだろうなどと勝手なことを言う家主がいるので、お金を払うときは「そのお金が本当に正当なものなのかどうか」をしっかりと考えなければなりません。

・家主の要求に困ったら
世の中には、こういった不当な請求をする家主も少なくありません。
じゃあどうしたらいいのか、を考えるなら、やはり「相談先を確保しておく」ことが大事でしょう。

消費者センターに電話をしてみるのもいいですし、不動産協会の様なところに相談すればよりいいアドバイスをくれますので、こういった場所を頼りにしてみてください。
不当なお金は支払わなくていいので、簡単にお金を出す様なことはしないことが大切です。

Posted on: 2013年2月20日, by : SLhom7uK