トイレのリフォームについて

トイレリフォームのメリット

リフォームの要望が高いトイレですが、実は思い切って大規模リフォームをすることで家計に大きなメリットを与えることもできます。

あまり知られていませんが、日本の世界各国と比較してのトイレ関連技術はトップクラスであり、公衆施設やホテルなどで使うことができるトイレの綺麗さでは日本に比類する国は先進諸国にも見かけることはできません。

最新式のトイレでは使いやすさだけでなく節水に関しても高い技術があり、ただ普通に使用をしているだけでリフォーム前よりも数割も水道料金を安くすることができたりします。

トイレ専門のデザイナーもいるほどで、単に用をたすための場所ではなくよりよい居心地を演出できる場所としてもトイレは住宅内で重要な位置を占めています。

また高齢者や幼い子供などにとってはトイレは昔ながらの形状のものは使いやすいものではありません。

そうしたより広い年代の人にも使いやすくするためのトイレの工夫が今の住宅技術にはあります。

トイレリフォームこそ信頼できる業者に

ですが残念なことにそうしたせっかくの高いトイレ関連技術も、リフォームを担当する業者の腕によっては十分に発揮できないこともあります。

打ち合わせ前にはしっかりと確認をしたつもりだったのに、実際にトイレを使ってみたら位置が前につきすぎていて扉を閉めるとほんの数センチ前がもう壁になってしまったり、リフォーム後数ヶ月でもう床タイルや壁のクロスが剥がれてきたというようなこともあるようです。

また水回りということもあり、未熟な技術で工事をしてしまうことで漏水が起きたり壁に腐食が起きたりといった住宅トラブルの原因になったりもします。

最初の見積もりの内容で納得をしたのに、実際に工事を始めてからあれこれ理由をつけて高額の追加工事の請求がきたりということもよくあるので、トイレリフォームではかなり慎重に依頼業者を選ぶようにしておきたところです。

トイレリフォームの業者選び

トイレのリフォームを依頼するときには、まずトイレリフォームの実績がきちんとあり、できたら専門的に水回りの工事を行うところを選びたいです。

トイレリフォームを請け負う会社の中には、担当するのは営業と設計までで、実際の工事は下請けの工事会社に丸投げなんてところもあります。

そうした自社で工事を行わない業者では、もともと無理な工事を受けて施工業者に責任を丸投げしたり、そもそも注文をとってから始めて施工する業者を探すなんてこともあります。

トイレリフォームはリフォーム工事の中でも特に追加工事の発生率が高く、価格や工期でトラブルが起こりやすいところになっているので、きちんと施工まで責任を持って担当してくれるところを選びましょう。

トイレ専門の業者の場合、トイレそのものの設備提案だけでなく、トイレの広さや間取りの変更、バリアフリー化、紙巻器の位置や収納場所などまで細かく提案をしてくれます。

実績があるところほど実際に使いやすいトイレとはどういうところかということを知っていますので、きちんとした説明や提案があるかを細かく比較していきましょう。

Posted on: 2015年8月26日, by : SLhom7uK