ゆとりフォーム

東証一部の「文化シャッターグループ」の一角

この会社は、小規模な一部手直し程度の工事から大規模な全面改装まで様々なニーズの補修サービスに幅広く対応してくれます。
具体的なリフォーム後の姿が浮かばない場合でも設備や内装に不満点があり相談すればアドバイザーが要望を聞いて最適なリフォームプランを提案してくれます。

ゆとりフォームのプランの特徴には、リフォーム分野別に様々なプランが設定されていることが挙げられます。
場所別にそれぞれに「おてごろプラン」「おすすめプラン」「ふんぱつプラン」というわかりやすいプランが設けられているのです。
この3種類のわかりやすいプラン名が付けられているのは、台所・ユニットバス・トイレ・コンロ・フローリングがあります。

東京エリアで最も人気を博する会社

リフォーム産業新聞社が発表する全国リフォーム売り上げ順位で東京地区で8年連続の堂々1位に輝きました。
東京は最も激戦区と言われており、このエリアで連続して1位を取れるということは顧客満足度が高く、厚い支持と信頼に支えられているということが伺えます。
平成9年の創業来、重ね上げた施工件数も、首都圏だけで30万件以上にも上ります。
30万件という数字は、千代田区内の世帯数の約10倍にも及ぶ数であり、いかに膨大であるかが分かります。
近年の実績も一年間だけで2万件以上という堅調ぶりで、この積み重ねてきた膨大なノウハウが次に生かされるためその数の効果は絶大なのです。

美しさが自慢のゆとりフォーム

ゆとりフォームの施工スタッフは、厳格な社内基準を満たした職人です。
アドバイザーは職人と施主との橋渡し役を担って工事を円滑に進め、施工中に気になる点も遠慮なくアドバイザーに申し立てやすい雰囲気を作ります。
また、一級建築士が各店舗に在籍していることも信頼の根拠になっています。

近年の住宅リフォーム業界においては、人手不足もあり手抜き工事やデータ偽装等の問題が注目されることがあります。
ゆとりフォームはそんな業界の悪しき問題とは一切縁がなく、細部に至るまで美しく仕上げたリフォームが生み出す感動を追求します。
「品質」を高く保つ理由として、施工する現場により築年数や素材など建物条件が違うため技術力のみならず知識や経験が仕上がりに大きな影響を与えることをスタッフ一同が共有すべく、「技術アドバイザー」がサポートします。

金銭トラブル「ゼロ」を目指す

見積書を取ったものの不明な項目がある…、商品に比べ工事費が高い…など金銭に関する疑問やトラブルをゼロにしようという発想で価格プランが設定されています。
そこで、不明確になりがちな、必要な工事内容が含まれた「標準工事費」を明示することとされました。

Posted on: 2018年1月28日, by : SLhom7uK