西都建物

会社概要・経営理念・特徴

1987年7月7日に設立された東京都国分寺市にある会社で、首都圏を中心にして業務を展開しています。
新築や中古物件などの分譲を行っていましたが、更にリフォーム業にも進出してお客様のニーズに対応できるようにしています。

リフォーム業に進出することになった経緯は、新築や中古物件を購入していただいたお客様が次の世代にも良い状態のまま残せるお手伝いをしたいと考えたことがきっかけでした。
マイホームは一生のうちにそう何度も訪れないほど高額な買い物になるため、長期間に渡って大切に住みたいと考えている方が多いです。
そこで快適な状態で過ごすために必要なお手入れのアドバイスを行いながら、長持ちさせるために必要なリフォームを提案しているのが特徴です。

住宅の傷みは経年劣化によって必ず生じるものですが、早い段階で改修するほど費用を抑えることができます。
できるだけ早い段階で改修できるように無料で定期点検を実施したりポスティングを行いながらお客様との関係を円滑に保っています。
西都建物の本業は不動産業という強みを活かし、ライフステージの変化によって住宅が不要になった時には買い取りの相談に乗ってもらうこともできますし、リフォームをする際に必要なローンを組みたい場合には提携している金融機関を紹介してもらうことも可能です。

主なリフォームメニュー

実施しているリフォームは主に内装工事や設備工事ですが、特に多いのは外壁や屋根のリフォーム工事です。
住宅で最も傷みが生じやすいのは常に風雨の影響を受ける外壁や屋根ですが、どうしてもメンテナンスが遅れがちになるため家の耐用年数を縮めてしまう原因になっています。
現状では早急にリフォームが必要なのか判断できないというお客様のニーズにお応えできるように、まずは専門スタッフが現状を診断した結果に基づきリフォーム工事の提案や施工を実施しています。

ただし、最初はお客様が自分自身でお手入れできる方法を提案し、無理やり必要もないリフォーム工事を提案することはありません。
逆にお客様からリフォームを検討していると相談を受けた場合も、早急な工事は必要ないと診断された場合には適切な時期が訪れたら再度お声がけをするという方法を実施しています。
万全なアフターケア体制が整っていることから、リフォームに関する信頼感も厚いのです。

リフォーム施工事例

過去にお付き合いのあるお客様がリフォームを実施する事例が多いです。
例えば過去に新築物件を購入した方で、定期的に回ってくる担当者や配布されるチラシなどを通じて信頼関係を築くことができているため、安心してリフォームの施工も依頼できたという事例があります。
工事内容は外壁と屋根の改修工事だったのでご近所にも迷惑がかかることに配慮してきちんと挨拶をするなどの配慮もあったと高く評価されています。

Posted on: 2017年7月25日, by : SLhom7uK