高齢者だと家を借りることができない?

賃貸物件の契約で、問題になるのが「高齢者だと物件を借りることができない」というもの。
よく「お年寄りだと賃貸契約ができない」と言われることってありませんか?
実は、日本が持ち家思考なのは、この様に「年齢を重ねると、物件を借りることができなくなるから」という理由も大きく関係している様なのです。
お年寄りになれば、なかなか賃貸物件を借りることができなくなる。

だから、一戸建てを購入しておく、ということもある様なのです。
この「高齢者だと賃貸物件を借りることができない」ということには、以下の理由がある様です。

・孤独死の問題
高齢者の問題として、最近大きく取り上げられているものに「孤独死」があります。
孤独死とは、一人暮らしのお年寄りが部屋の中で死んでしまうということ。
誰にも気付かれずに亡くなってしまうという、とても悲しい亡くなり方です。

核家族が増加し、同居世帯が減った今、一人暮らしのお年よりは数が増えているそうで、その中で「孤独死」を迎えるお年よりも、増加傾向にあるのだとか。
この為、「お年寄りに物件を貸してしまうと、孤独死をしてしまう可能性がある」と恐れる不動産屋も多いようです。
部屋の中で亡くなった人がいると、その物件は「事故物件」という扱いになりますので、なかなか借り手がつかなくなるのだそう。
そうなると、賃料を安くするなどの対応を迫られる為、家主としては「避けたい」と考えるそうです。

・とうとう国も動き出した
高齢者が家を借りられない。
これが日本では社会問題にまで発展してしまった為に、とうとう国が動き出しました。
平成13年には、高齢者の住居問題を解決する為の法律が定められ、この中では「高齢者でも借りることができる賃貸物件の登録」などが盛り込まれています。
これにより、お年寄りの「住むことができる賃貸物件探し」がとても便利になったと言えます。
しかし、それでもお年寄りが住む賃貸物件探しが難航するのは変わりません。

・しかし、将来は事情が変わるかもしれません
賃貸物件を借りるのが難しくなっているお年寄りですが、近い将来はその事情が変わるかもしれません。
今は、「高齢化社会で少子化」ですので、これからどんどん子供が減り、お年寄りが増えていきます。

この様な時代の中で、お年寄りに住居を提供せずに賃貸物件がやっていけるでしょうか。

今の日本の事情を考えると、今後は「お年寄りに対しても、物件を貸す不動産屋が増えるのではないか」と思われます。

Posted on: 2013年2月20日, by : SLhom7uK