わけあり物件に引っかからないための知識

わけあり物件とは何か?

アパートやマンションを探していれば、わけあり物件という名前は聞くこともあるでしょう。
これはその名の通りわけありの物件であり、孤独死して腐乱死体になった部屋を掃除して綺麗にした部屋、自殺者が出た部屋、殺人事件のあった部屋、などの事故物件の事をいいます。
このような部屋は、住みたくないと思う人も多く、もしかするとオカルト的な現象もそのような部屋では発生するかもしれません。

しかしこのような部屋は、次に入居する人には告知する義務はありますが、2人目の入居者からは告知する義務はなく、もしかすると知らずに部屋に住むことになるかもしれません。
また共有スペースで殺人事件などがあるときも、告知義務は発生しません。
ただし借りたいような物件が、何かしら不自然なところがあれば、不動産の方に聞いてみるということは出来ます。
そのときは、不動産の方も何かしら回答をしてくれるかもしれません。

わけあり物件を見分ける方法

まずわけあり物件を見分ける方法として事故物件公示サイトの「大島てる」というサイトがあります。
このサイトは唯一事故物件の情報を提供しているサイトであり、このサイトを見ればどこに事故物件があるかわかります。

参考 : 大島てる

その他には物件の特徴を見ると、わけあり物件らしいと分かるときもあります。
周囲の物件と比べて、家賃が大幅に安いところがあり、安いと半額ほどのところもあり、このような物件はわけあり物件の可能性が高いです。
一定の期間だけ賃貸で貸しに出す定期借家も可能性はあります。
定期借家では、1人目だけに事故物件として家賃を安くして、次の人に通常の家賃で貸そうとする手段のときに使われることがあります。

その建物の名前が変わっているところも、事故物件として知られたアパート名などを隠すために行うことがあります。
競売物件も事故物件のことが多く、特に一軒家だと孤独死や殺人事件で住宅ローンが払えなくなり、そのために競売にかけられることがあります。

賃貸物件だと、わかりやすい特徴が、部屋の一部が不自然にリフォームされている場合です。
例えば孤独死して腐乱死体となると、床にまで体液が染みこむので、洗うだけでは綺麗になりません。
そこで、床ごと剥がして新しい床と交換するのです。
不自然なリフォームがされている部屋は要注意です。

わけあり物件は前の住人のことを考えると、住みたくないと思う人は多いでしょう。
しかし住まいとして住むには設備などに何ら不具合があるわけではなく、前の住人がわけありというだけのことです。
住まいとして不都合がないのに、家賃は大幅に安いので、そのようなことを気にしない人にとっては絶好の物件かもしれません。

Posted on: 2016年6月22日, by : SLhom7uK