収納スペースを増やす方法

デッドスペースを探す

賃貸住宅なら、特にワンルームだと収納に困ることも多いです。
ここに戸棚などがあればいいのに、と思うような空いている空間を見つけるはずです。
カラーボックスなどを置くのも限界がありますし、棚などを置けるよなスペースもないようなこともあるでしょう。

そのような時に役立つのが突っ張り棒です。
突っ張り棒で空いている空間に棒を設置して、そこにダンボールなどの入れ物を置いて収納スペースとするのです。
ワンルームでも探せばデッドスペースはいくつもありますので、収納を作れる場所は沢山存在します。

たとえば玄関の上や、台所の上部などに突っ張り棒を使って棚を作るのです。
そうすればそこが収納空間となりますので、物を置いて整理できます。
そのまま収納している物が丸見えとなるのがいやなら、布などのカバーを掛けて目隠しにすればよいでしょう。

突っ張り棒の使い方

突っ張り棒は長さが様々な種類が売られています。
100均でも売っているので、そのような突っ張り棒をデッドスペースの長さに合ったものを買ってみましょう。
そして突っ張り棒をそのまま使うと、滑って棒が落ちてしまうこともあります。
そのような時には、滑り止めシートを使います。
突っ張り棒の壁と接する面に、小さく切った滑り止めシートを両面テープなどで止めておきます。
こうすれば滑って落ちることも無くなります。

突っ張り棒だけを設置しても収納スペースとなりますが、もう少し有効に使うなら、ワイヤーメッシュやプラスチックケースなどを使うと、更に有効な収納スペースとなります。

突っ張り棒を使うなら、リビング以外も収納スペースを作れます。
例えばお風呂なら吸盤のフックを取付けて、そこに突っ張り棒を設置すれば、バスタオルなどをかけることのできる、収納スペースの出来上がりです。
キッチンに設置すればふきんなどをかけるスペースに出来ます。

デッドスペースさえ見つけて突っ張り棒を使えば収納スペースが出来るので、家の中のどんな場所でも収納スペースになります。
たとえば机の引き出しの下部分や、通路の狭い間のスペース、トイレなどどこでも収納スペースを作れます。
もしも収納する場所が無くて困っているというなら、まずは突っ張り棒を設置できる場所はないか、デッドスペースを探してみましょう。

ただし突っ張り棒は地震があるときはどのような動きをするかわかりません。
地震の揺れで取れてしまったり、揺れのひずみによって壁を破壊するようなことも考えられます。
そのような時は、収納している物が落ちることもあり、壊れる可能性もありますので、突っ張り棒で収納する物は、貴重品などは避けて日用品などを収納するとよいでしょう。

Posted on: 2016年7月24日, by : SLhom7uK