信頼できる不動産会社を見極める方法

不動産会社選びは重要

賃貸住宅を借りるにしても、不動産会社選びはとても重要であり、これを怠ると売れ残りのどうでも良いようなハズレ物件を紹介されることも多いです。
そして中には、個人情報の取扱がずさんであり、社員同士で共有したり、友人知人に漏らすような不動産会社もあります。

不動産会社を選ぶときは、宅地建物取引業を取得していてその免許番号を公開している、宅地建物取引業者名簿に情報を記載しているということはもちろん当たり前であり、業界団体へ加入しているとなお良いでしょう。
このようなことは不動産を営むときは基本であり、これを確かめるようにしましょう。
しかしながら不動産会社を選ぶときは、その他にもみるべきところはあります。

信頼できる不動産会社

不動産はチェーン店で全国展開しているお店と、その地元で営業している地元密着型の不動産会社の2種類あります。
どちらが良いかはそれぞれメリットとデメリットがあります。
チェーン展開しているお店は物件数が多い、地元密着型のお店はあなたの希望などが通りやすく融通が利きやすいということがあります。

駅前にある不動産会社や会社の造りが立派なところは、その建物の維持費が高くつきます。
そうなれば、少しでもお客さんを獲得して利益を得なければならず、ノルマのあるところもあります。
そのような不動産会社は、お客さんの要望よりも如何に契約させるかに重点を置く場合が多く、契約することばかりすすめてくることも多いです。

接客態度やスタッフの教育状況などもとても重要です。
明るく対応してくれる、スタッフに活気があるなどは重要なことであり、それ以外にも、もしもお客さんが来て、何か質問しても答えない、答を曖昧にするような会社は良くなく、親身に相談してくれるところが良いでしょう。
またこれは良くある話しですが、契約してくれるならと条件を付けるような会社もダメです。
このような会社は契約のことしか考えていません。

物件の選び方の時にも、その会社の良し悪しがわかり、希望物件を見にいくときに、似たような物件をピックアップしてくれるような会社は良いところです。
おすすめの物件をさらに何件か紹介してくれるような、お客さんの希望に近づけようとする努力のある会社かどうかも、信頼できる会社かどうか知ることが出来ます。

店舗が綺麗か汚いかはあまり問題にならず、もちろん足の踏み場もないほど散らかっている、店舗が臭いなどのところは避けるべきですが、書類がデスクに溜っているぐらいのところは気にする必要はありません。
それよりも重要なのは店舗スタッフのお客さんへの対応の仕方であり、お客さんのことを第一に考えているかどうかが全てです。

Posted on: 2016年10月17日, by : SLhom7uK