不動産相続の基礎知識

相続の種類

不動産相続には次のような種類があります。
遺言書を書いて相続させる遺言の相続、法定相続人全員によって話し合いによって相続の内容を決める遺産分割協議、法定相続分にそって相続する法定相続の3つが主なものとなります。

当然のことながら相続できるのは、法定相続人に限られ、たとえ身内や親族でも法定相続人で無ければ相続は出来ません。
法定相続人は配偶者は必ずなることが出来、その法定相続人の兄妹や子供は、法定相続人の子供、法定相続人の父母や祖父母、そして法定相続人の兄妹姉妹の順で相続人となります。
相続人は、この3つの順位で決まり、子供がいれば祖母は相続人になれず、違う順位の人が同時には相続人になれません。
子や祖父などでも相続する遺産の分配割合は違います。

遺言があれば遺言に沿って相続するので、不要な争いも起きなくて済みますが、遺言は書式に沿った正式なものでないと認められず、法律で定められたとおり書かないと効力を発揮しないので、作るときは専門化に相談の上で作るべきです。
もしも遺言作成者が臨終の近いときは、立会人3人以上いるときは、口頭での遺言が可能です。

遺産の分け方

遺産を分けるときは現物分割や代償分割などいくつかあります。

現物分割は通常は不動産を相続する場合が多く、この場合は相続人1人のみ相続するようになります。
しかし、あまりにも不動産の価値が高い場合は、他の相続人から不満などが出来ることもあります。

代償分割では1人の相続人が法定相続分以上の遺産を相続する代わりに、他の相続人に金銭などを支払います。
つまりは代償金を支払う相続方法ですが、金銭がないと代償金の支払うが出来ないことがあります。

換価分割では相続した遺産を売却して、その代金を相続人みんなで分割する方法です。
不動産を手放すときは、その不動産に住みたいと思う人がいると行いにくく、代償分割が出来ない場合にも行われる方法です。

共有分割では遺産を相続人達で共有する方法です。
遺産分割協議などで決着が付きにくいときなどに行い、これにて一応は話しがまとまりますが、自分の取り分だけを売却するということが出来ないので、問題の先送りにしかなりません。

もしも相続が決まれば、相続の手続きは不動産所在地の管轄の法務局で行います。
自分で手続きを行うことも出来ますが、不動産登記の知識がないと難しいので、スムーズに行うには、司法書士などに相談して行うと良いでしょう。
また不動産の相続は、自分だけさっさと手続きをしても認めてもらえず、相続人全員の同意が必要であり、それを証明する協議書などを提出しないといけません。
このような書類も全て司法書士に相談すれば、作成してもらうことが出来ます。

Posted on: 2016年12月23日, by : SLhom7uK