住まいに関する法律

建築基準法

私たちが住んでいる建物というのは、すべてが「建築基準法」とう法律にのっとって作られています。

日本には、建築に対して厳しい法律があり、その法律をクリアして初めて「建物として利用することができる」というきまりがあります。気付きにくいですが、この決まりを無視して建物を建てることはできません。

なぜこのような「建築基準法」が定められているかというと、日本の法律には「建物は命と財産を守れるようにつくらなければならない」というものになっているため。

考えてみて下さい、私たちが住んでいて「快適だ」と思える住居というのは、やはり「一定の基準を満たしている住居である」と思いませんか?例えば、十分な光が入ってこないような住居に住みたいと思うでしょうか?この地震が多い日本の中で、耐震対策がきちんとされていない住居に住みたいと思いますか?「命を守る」というのは、そういうことなのです。

建築基準法というのは、私たちが最低限の生活を営む上で必要とみなされた基準のことであり、人が人間らしい生活をすることができるように決められた基準でもあります。

 

○窓の大きさなどもきちんと決められています

人が住む住居では、窓の大きさなどもきちんときめられています。

考えてみて下さい、私たちが住む家で窓が一つもないような物件ってありませんよね。これは、「人が生活するうえである程度の光は必ず必要」という決まり事がありからこそ、きちんと大きさが決められているのです。

窓の大きさについては、どんな建物かによっても違ってきます。

例えば、ようい炎や小学校と言った学校施設に着けられる窓と、寄宿舎などに着ける窓と、病院や診療所につける窓では、どんな割合でつけられるのかが全く違ってくるのです。

どこに着けられている窓が、どんな法律によってつけられているかを調べてみると、面白いことがわかるかもしれませんね。

また、トイレの構造や取り付け方についてもきちんと定められていて、この範疇を超えたものをつくることはできません。建物の中にある施設というのは、すべてにそれありの意味があるということをかんがえなければならないのです。建物の中のどれが、どんな決まりによって作られているかを調べてみると面白いかもしれません。

 

建築基準法について調べてみると、私たちの生活というのがどれほどこの決まりによって守られているのかをしることができるでしょう。ぜひ、この法律についてきちんと考えてみてほしいと思います。

 

 

国土利用計画法

●土地の利用を制限した法律のこと

私たちが住む胃日本というのは、絵回から見ても本当に小さな島国です。

しかもすべての土地が有効に使えるわけではありません。山や川などに面積をとられてしまっている場所もたくさんあります。その中で、人が住むことができる様に環境を整えることができる場所というのは本当にわずかではないでしょうか。

だからこそ、私たちは国土を十分な計画をもって作り上げなければなりません。

有意義に土地をつかうことができる様に、いろいろな決まり事を使って「有効活用をできる様にしよう」と定めたのが「国土利用計画法」という決まりです。

 

○届出や許可について

国土利用計画法のなかで大事なのは、国土がきちんと利用されようとしているのを妨害するような計画や、地価が上がると思われる場所の取引については、届出を出さなければならないという決まりがあります。

届出には三つの種類があって、「事後届け出制」「注視区域内における事前届け出例」「監視区域内における事前届け出例」の三つがあります。この届け出を出すことが義務いなっていますので、この届け出を出してからきちんと利用をすることになります。

 

○規制区域について考える

土地の中には、都道府県知事が許可を出してはじめて土地のやり取りが可能になるというところも。

ただ、この規制区域に関してはこれまで運用をされたことがないそうですので、あまり意識する必要はないのかもしれません。「こういう法律がある」ということだけ、頭に入れておいてほしいですね。

 

●東京都の例について考える

この国土利用計画法に関しては、東京都内をはじめおおくのところで利用されていますが、ここでは「東京での利用のされ方」について触れてみたいと思います。

東京都では、土地の取引にかかわる計画については、きちんとした届出をするようにと法律を定めています。

届出が必要な範囲についてもきちんと定められていて、規模によって届け出が必要になるかどうかも決められているとか。使う土地が起き蹴れば大きいほど届出が必要になることが基本ですが、そればかりではなく小さい土地でも届け出が必要な場合があります。

 

この様に、国土利用計画法に関してはすべてにしっかりとした決まり事がありますので、自分が住んでいる土地にはどんなきまりがあるのか、他の地域との違いは何かについて、調べてみると面白いかもしれません。私たちが住む地域にもきちんと決まり事があり、その条件に沿って利用尾のされ方が決まっているというのは、あまりしられていませんがたいせつなことなのです。

 

都市計画法

●都市は計画的に作られている

当たり前のことですが、私たちが住んでいる「都市」に関しても、きちんと法律がありその決まりごとに沿って作られています。自分勝手に好きなものを作ってはいけないのです。

都市を計画するにも、まずは「こういう都市がいい」という目標があるべきですし、また予算なども関わってきますよね。それを考えると、誰でも自分勝手に建物を建てられるわけではないという法律の大切さがよく解ります。

 

○例えば、景観法

都市計画というのは、日本という大きな国で考えるものではなく、その都市単位で「どういうものなのか」を決めるものです。だから、どの都市がどんな都市計画を持っているかは異なると考えて下さい。

その基準が特に際立つのが「京都」の存在です。京都は歴史的な文化財が非常に多く残っているために、それを保存するために工夫をしていますし、また「景観法」を作って景観の大切さも訴えています。

景観法というのは、簡単い言えば「その年の見た目を守ろう」という決まりごとのこと。

京都は神社や仏閣がたくさんありますので、それらの見た目や景色を守るために「建てられる建物の高さや色に、大きな基準がある」ということをかんがえなければなりません。だから、京都ではマクドナルドのハンバーガーの看板が茶色ですし、大きな高層マンションは建てることができないと決められています。

ちなみに、景観法を施行することがでいる条件には、以下のようなものがあります

・現段階で景色の美しさが認められていて、あたそれを守るべきであると認められている

・その地域の成り立ち(歴史)を考えてみた時、その地域に合った景観をまもるべきと決められた場合

・地域交流がされる場所で、かつ景観を守るべきと考えられた場合

・開発のために、新しく景観を作る必要があると考えられるもの

・その土地のことをかんがえると、きちんと景観条例を作っておかないと景観が著しく損なわれる可能性があると見込まれたもの

 

↑このような条件をクリアして、はじめて景観条例をまもることができる様になります。

また、この景観をまもるために屋外展示物表示の決まりや、道路や河川に対する法律なども本当人細かく決められています。逆にいえば、このくらいしないと美しい景観を守ることは難しいということですね。

 

○都市計画の大切さ

その年が、どんな理念や目標を持っていて、どんな都市にしたいとかんがえているのか?というのは、大切なことではないでしょうか。そういった都市計画があるからこそ、私たちは綺麗な年に住むことができるのです。

 

 

 

消費者契約法

●消費者の権利を守るために生まれた法律です

消費者契約法とは、簡単に言えば「消費者」の権利を守るための法律です。

事業者と消費者がそれぞれいた場合、商品に関する情報はどちらがより多く持っているでしょうか?当然ですが、それは事業者ですよね。商品を扱う側である事業者側の方が、圧倒的に多くの情報を持っているでしょう。

また、「交渉」に関しても考えてみてください。

事業者と消費者、どちらが交渉力があるか?と言われたら、まちがいなく事業者です。

このような関係が当たり前になってしまうと、何事においても事業者が圧倒的に有利になり、消費者が煮え湯を飲まされる可能性もでてきます。

そこでできたのが、消費者契約法。

この消費者契約法ができたので、消費者が事業者と契約をしたあとでも「内容に誤解があった場合は契約をとりけすことができる」ということになりました。

 

○消費者の弱い立場を、どこかで守らなくてはならない

たとえば、生命保険を例にあげてみたいと思います。

生命保険の契約内容って、一般的にはすごく解りにくいですよね。

だからこそ、生命保険を販売する側というのは「消費者の疑問に対し誠実に答え、解らないところは解らないように丁寧に教える」ということが必要になります。これをしなければならないと定めているのが法律です。

この法律がなければ、消費者が「解りにくい説明のまま契約に至る→のちにトラブルになる」などのことが起きる可能性がありますので、「きちんと説明をする義務がありますよ」と国が法律を作って定めているわけです。

これが法律がないままだと、利益をとるために騙そうとしたり、わざと良いようにいって現実とは異なることを伝えたりなどという卑怯な輩がでてくるでしょう。この法律では、そういった輩を許さあないという確固たる信念を感じることができます。

 

事業者というのはいわばプロですので、一般人の素人がその時だけ知識で対抗をしようとしたところで 言いくるめられてしまうことあります。だから、消費者の立場を守ったのがこの法律になります。

 

消費者たちがあんしんして買い物をすることができる様に、こういった「消費者を守るための法律」は必ず必要になるもの。そして、そういった法律があるからこそ、私たちは安心して生活をすることができるのです。

 

消費者たちがあんしんして買い物をすることができる様に、こういった「消費者を守るための法律」は必ず必要になるもの。そして、そういった法律があるからこそ、私たちは安心して生活をすることができるのです。

逆にこれがなかった場合、私たちは何かをするたびに事業者との戦いを覚悟しなければなりませんし、きちんと知識をえなければというプレッシャーと闘うことになります。また、一生に一度の大切な買い物で大きな失敗をしてしまう可能性も出てきます。