住まいに関するトラブル

地域にも気を付けなければいけません

○その地域の治安はどう?

「住まい」というと、その家の設備にばかりに目がいってしまいますが、もうひとつ気を付けなければならないものに「地域」があります。
その地域がどんな地域なのか、住んでいて大丈夫な土地かということを考えて下さい。

日本は全国どこでも比較的治安がいいですが、それでも「住まない方がいい地域」が存在します。

たとえば、事件が多い地域。

事件が頻繁に起きるような地域には、やはりそれなりの理由があると思った方がいいでしょう。

その地域に住んでみると解りますが、やはり「治安が良くない」という場所は存在するようで、
住んでからそのことに気づいて苦労をする・・・という人が少なからずいます。
そういうことを考えれば、事前に治安を調べて「住んでいい場所かどうかを知っておく」ということが大事です。

 

○犯罪情報マップを活用

あなたが「治安が悪い地域を避けたい」と思うなら、犯罪情報マップの利用をオススメします。

犯罪情報マップは、自分が住んでいる県の犯罪率を調べることができるマップのこと。これを使えば、ある程度は治安の良しあしを知ることができるでしょう。

ある程度の目安として、このマップの使用は本当にお勧め。引っ越しをする時は、
まずこのマップを参考にしてみてくださいね。

 

○いくつかの不動産屋に治安について聞くこと

不動産屋は、職業柄「その地域がどんな治安なのか」についてきちんと知っています。

もし引っ越しが決まったら、「住んでも安全な地域」「やめておいた方がいい地域」について聞いておきましょう。

しかし、不動産屋も商売ですから濁す場合もあります。こういうこともありますので、
必ずいくつかの不動産屋に確認するのがオススメです。

 

○女性の場合は夜道についても調べる

女性の一人歩きはとくに気を付けなければならないもの。

もし家を選ぶなら、道にきちんと電灯がついている、
お店がある(コンビニは24時間営業なので心強いです)、住宅街である程度人どおりがあるなどのところを選びましょう。
また、バスを使う場合はバス停の有無をきちんとチェックすること。
バス停から自宅が近ければ安心ですよね。

 

この様に、住宅を選ぶ工夫というのはたくさんありますので、きちんと治安を調べて「住んでいいところかどうか」を確認しましょう。
それをしないで住んだために、あとから苦労をした・・・ということもないわけではありません。

そのことを考えれば、最初からきちんと治安を調べておいた方が得策なのです。

 

 

部屋にあるものが壊れてしまったら?

部屋に備え付けのものが壊れてしまったら、どうしたらいいのでしょうか。

部屋にもともとあったものが壊れてしまった場合、「誰がお金を出すんだろう」と考えてしまうことがありますよね。

では、そんな時にどうしたらいいのか?について考えてみたいと思います。

 

○細かいものは自分で払う

例えば、「電球が壊れた」程度の話であれば、自分で何とかしなければなりません。

電球はきちんと販売されていますので、そこで購入して交換しましょう。

ただ、共有スペースのものは家主が負担することが多いので、電球がきれるなどすれば連絡をしなければなりません。賃貸マンションの場合、共有」スペースの電気がきれていたとしても、管理人や家主が気づかないことも多いです。特に、管理会社が間に入っている場合は管理会社が別なところにあるので、人がこない限り気づくことはありません。自分で交換する前に連絡して、きちんと交換しておきましょう。

 

○エアコンなどが壊れた場合

場合によりますが、エアコンが壊れてしまった場合は管理人側が修理することが多いです。

エアコンが壊れる原因のほとんどは自然劣化ですし、備え付けのエアコンの場合は責任を家主がおうことが多いので、故障してしまったときは伝えましょう。

しかし、子供が投げたボールが当たったなどのトラブルがあった場合は住人負担になる可能性があります。

気を付けたいのは、自分で勝手に修理するということはしないこと。家主や管理会社が修理業者と契約をしていることがありますので、きちんと連絡を入れましょう。勝手に業者をえらんで修理をしてしまうと、万が一エアコンが原因で出火した場合などの責任問題に発展することがあります。そういったトラブルを防ぐためにも管理人や管理会社の判断を仰ぎましょう。

 

○悪質な家主に注意

悪質な家主や管理会社になると、本来であれば家主側の負担になるものでも、住人に負担をさせるようなところがあります。こういう場合は負担をする必要がありませんし、きちんと交渉をしましょう。また、こういったことがあるので賃貸物件に関することはおさえておく必要があるのです。

また、悪質な家主になると「なかなか修理をしてくれない」ということもあるので、そこはちゃんと言うべきです。

そもそも、その程度の修理をすぐにしてくれないような家主の家にはすまない方が得策。他のところでも何かしらの悪いことが出てきますので、部屋を変えることも得策です。悪質な家主とお付き合いするのはよくありません。

 

 

家の中に傷がある

●最初の段階できちんと申告する&写真を撮っておく

何度か住人が入れ替わっている物件の場合、
修繕していない傷が残っていることがあります。

そもそも、住宅を次の住人に貸す時に「すべての傷を修繕してから貸す」という必要はありませんので、
傷があるのは当たり前なのです。

ただ問題なのは、その傷を「誰がつけたか」ということ。

住宅会社や家主側では、部屋を他の人に貸し出す際に傷がある場合は「その箇所を写真に撮り、
記録しておく」というのが普通です。
それをしないと、もしかして次の住人が傷をつけたかのようになってしまう可能性があるため。

でも、もしかするとその記録が業者側にないかもしれません。

家を貸してくれる人を疑うのは嫌ですが、こういったトラブルが絶えないのも不動産業界の常ですので、
「万が一」を想定しておくのは大事です。

まず、家に入るときは事前に部屋の中の傷や汚れをチェックし、
写真におさめておくこと。

それから業者もしくは家主に連絡し、傷のことを伝えましょう。
こういうことは早い方がいいので、しっかりと対応をしておく方がいいです。

 

●傷の問題はうやむやにしない

うっかりミスであることもありますが、住む前からあった傷を退去する際に
「あなたのせいだ」と言われた場合、それはとても悪質な業者である可能性があります。

今ではだいぶ減りましたが、まだまだ悪質でとんでもない業者がいるというのも現実。

人を疑うのはいいことではないですが、あらゆる可能性を想定しておくことも非常に重要です。

フローリングの傷や壁紙の劣化・汚れに関しては、過去に訴訟沙汰になったこともある問題なので、
「万が一」を想定して対策を整えておくことはとても大事です。
むしろ、それをやらなくてはいけません。賃貸物件を借りることも、
広い意味で言えば「契約」です。その契約に関して、
条件をはっきりさせておくというのはむしろ必然であり、必要不可欠なこと。

報告すべきことをきちんと報告することは、のちのトラブルを減らすことにもつながります。

 

●契約書はしっかり読んでおく

また、契約書をしっかりと読んでおきましょう。
契約書によって退去の際の条件などが違ってきますので、
これをきちんと読んで「どの負担がかかってくるか」を考えておくことは重要です。
また、契約前に契約の内容はきちんと確認しましょう。
一番確認しておきたいのは、更新料があるかどうかです。
契約更新時にお金が発生するかどうかは知っておかないと不利になるので、きちんと調べておきましょう。

 

再建築不可物件の問題

「再建築不可」とは、更地にした後に新築の家を建てることができない土地の事を言います。
理由は物件によってまちまちですが、接道義務を満たしていない(未接道)場合が多いです。
再建築不可=価値のない物件と思われてしまうかもしれませんが、そういう訳ではございません。
購入者のニーズに合った物件であれば魅力的な物件でもあるのです。
そこでメリットとデメリットを紹介します。

【メリット】

  • 価格が通常の物件と比べ安価な設定のため、購入がしやすい。
  •  (そのため定年後の夫婦や新婚夫婦がセカンドハウスを持ちたい際に検討しやすい)

  • 土地の固定資産税が近辺の土地と比較して安い。
  • 再建築できない土地のため評価が低く、相続対策に有効である。
  • 狭い路地(公道に接していない)である為、お子様に安心である。
  • 周囲の土地も再建築不可であった場合は、自宅前にマンションが建ったり新しい家が建ったりという事がない。
  • 賃貸経営に用いる物件とした場合に、通常の物件よりも家賃も低額で設定できることから
  • 高い入居率と利回りの期待ができる。

【デメリット】

  • 建物を一度壊した場合、新築の家を建設することができない。
  • 天災に見舞われて全壊となった場合でも、建築許可はおりにくく再建築が難しい。
  • 銀行の担保評価が低く、銀行ローンがつきにくい。
  • 再建築可能な土地に比べ、売却の際の査定評価が低い。
  • 一般的な不動産会社では取り扱ってくれないケースが多い。
  • 再建築不可の敷地には、住宅ローンの適用が難しい場合がある。
  • (また、住宅ローンが適用できない場合は、売却に更に時間がかかります。)

基本的に売買が非常に難しいと言われておりますので、
土地の専門家に相談することが最善の方法でしょう。
もしかすると、適切な土地できる可能性があるかもしれません。
再建築不可.netは、再建築が不可能な物件の買取を専門で行っているサイトです。
土地や建物の状況を綿密に調査した上で、事情に合わせて必要な情報と知識を
的確に提供してくれます。徹底的にサポートしてくれる業者に相談して、
再建築不可物件の悩みを解決しましょう。