リフォームのトラブル

よくある失敗集

浴室リフォームでよくある失敗

リフォームをする場所として最も人気が高いのがバスルームです。

古い浴槽を最新式のバスセットに交換するだけで室内の様子はかなり大きく変化するので、他の箇所よりも優先的にお風呂場や脱衣所をリフォームする人もよく見られます。

ですがせっかく高い予算をつけて行ったバスルームのリフォームも、実際に使ってみたら思うような快適さが得られなかったというようなことがよくあります。

例えばバスルームの雰囲気を明るくするために、既存の窓の大きさを変えて開放的にしすぎてしまったために、近くを通る人の目が気になり結局カーテンを閉めっぱなしにしてしまうことになったというケースです。

既存住宅の場合、近隣の住宅とどちらが先にできたかによって窓の位置や大きさが調整されていたりするので、それを変更してしまうと意外な部分に視野ができてしまうことがあります。

窓が小さかった頃には気にならなかった音や人の気配も感じられたりするので、窓の大きさの変更についてはよく考えてからの方がいいかもしれません。

トイレリフォームはバリアフリー化を

トイレもリフォーム要望が高い住宅設備です。

旧式住宅では和式の便器が使用されていることも多いですが、これを洋式の座るタイプのものに変えることで、高齢者にとってもより使いやすい設備になります。

高齢者がいる住宅や小さな子供がいる住宅では、トイレは大人向けよりも若干広めに作った方が使い勝手がよいので壁を少しずらして広めに作り変えるというケースもよくあります。

ただ注意をしたいのが、トイレ設備を変更するなら絶対にバリアフリー化をした方がよいということです。

バリアフリー化したトイレでは、段差がなくなったり、座るところに手すりをつけるといった工夫がされます。

今はトイレに困るような高齢者がいない住宅でも、ちょっとした怪我や体力が弱くなったときにはトイレが使いやすい形になっていることでかなり体の負担が軽くなります。

バリアフリー化をしていなかったトイレで、座った体勢から立ち上がるためにトイレットペーパー部分を掴んでいたらそこが破損してしまったなんてこともあります。

キッチンリフォームの落とし穴

キッチンは一家の台所を預かる人ならとことん凝りたい箇所ですね。

ですがリフォーム前にあれこれと設計に工夫を盛り込んだのに、実際に使ってみたら以前の方がよかったというようなこともあったりします。

例えば憧れられることの多い対面キッチンの場合など、もともと通常のキッチンの広さしかなかったところを対面式にしたせいで、実際の作業スペースが非常に狭苦しくなってしまったりすることがあります。

また対面キッチンで間にカウンターをおいたことで、配膳をするためにわざわざ回りこみをしてから持って行かなくてはいけなくなり、かえって手間が増えたということもあったりします。

少人数の家庭なら便利な対面キッチンも、多くの料理を作業しなくてはいけない家庭では使い勝手が悪く感じられることもあるので注意が必要です。

リフォーム中の近隣トラブル

リフォーム工事では近隣にも迷惑がかかります

リフォーム工事におけるトラブル事例は、施工を依頼する本人だけでなくその近所に住む人にとってもよくあることです。

最近では築数十年の古いマンションを安く買い、リフォームをして内装を新品同様にするといった方法もよくとられていますが、そうした古い集合住宅においてはリフォーム工事はかなり周囲に大きな影響を与えることになります。

集合住宅だけでなく、都心部など住宅が密集する地域においてはリフォームのために大型車両が毎日のように家の近くに来ることが周囲の人の生活に大きな迷惑をかけることもあります。

それまでは比較的良好な関係だったご近所さんが、リフォーム工事をするときの対応で一気に険悪になってしまったなんてことも実際にはよくあるので、工事をする前にはしっかりと説明をして迷惑をかけないように最大限の配慮をすることが重要です。

事前にたった一言でも連絡があるかないかで周囲の印象もかなり変わってきます。

リフォーム工事での周囲への影響

リフォーム工事をしている最中は当然その住宅は施主本人が使用できません。

ですので、案外その工事がどのくらい周囲に影響を与えているかについて本人は全く知らないということもよくあります。

そのせいで工事が終わってから何食わぬ顔で周囲の人に挨拶をしたら、工事によって大きな迷惑をかけられていた住民たちから白い目で見られたなんてこともよくあります。

まずはリフォーム工事では大なり小なり周囲に迷惑をかけるということはしっかりと理解しておきましょう。

リフォーム工事で与えられる周囲への影響としては、まず重車両が近くに来るということによる道や駐車場の占拠があります。

それらの重機が作動すれば大きな振動が起きますし、粉塵や音も近くにいる人にとってはかなりの迷惑です。

他にもペンキやコンクリートが飛んできた、施工をする人たちの出入りや声が気になる、といったようなこともリフォームではよくあるトラブルとなっています。

隣の家と接するような建物の場合には、足場の一部などが別の住宅の敷地内におよんでしまうようなこともあるでしょう。

リフォーム前にはきちんと挨拶を

そうしたリフォームによる近隣トラブルを避けるためには、事前にきちんと挨拶をしておくことが肝要です。

集合住宅の場合には自分の部屋の上下左右と、できれば上下の部屋の左右の部屋(自室から斜め上・斜め下)の住人くらいに挨拶とリフォーム工事の連絡をしておきたいところです。

一戸建てならば左右と両隣、はすむかいくらいには挨拶をしておくのがいいでしょう。

挨拶をするときにはできれば菓子折りなど手土産を一つもっていき、きちんとどのくらいの期間で工事をするかといったことを説明しておくようにします。

また可能であれば実際に工事を行う施工主業者の方も挨拶をするようにお願いし、極力周囲に住む人からの印象を悪くしないように協力をしてもらいましょう。

挨拶のタイミングとしてはできれば事前・事後の両方がいいのですが、無理ならば事前だけでもしておいてください。

費用面で気をつけたいこと

値切り交渉の勘所

リフォーム工事においては、数百万円~数千万円もの金額がかかることもあります。

既存の古い住宅設備を改築するという場合、キッチンやバスルームだけの水回りだけや、和室を洋室に変更するといったような部分的な施工をお願いするケースもよくあります。

いずれにしてもかなり高額の費用がかかるとともに、施工業者に高いレベルでの建築技術が求められるのでなかなか値切り交渉をするにも難しいところです。

リフォームの手順としてはまずどこをどういった風にリフォームしたいかということを施工業者に依頼し、そこで最初の見積もりをとってもらいます。

そこで予算と見積額の差額から、工事の範囲や使用する機材などを変更していくことになるのですが、このときにあまりにも一方的なわがままを押し付けられると、施工業者も値引きをしづらくなってしまいます。

値引き交渉をするときには、どういった理由でどんな対応をお願いするかといったことを明確にして、感情だけで話をしないように気をつけましょう。

お金をかけるべきところ・抑えられるところ

リフォームをお願いするときには、お金をかけるべきところと節約できるところをしっかりと分けて考えましょう。

例えばフロア全体のリフォームではちょっと予算が間に合わないというときには、優先度の低い部屋には手を入れないことにしたり、設備に付属する機能をいくつかおとすといった方法があります。

床材などはどんな素材を使うかによってかなり金額も異なるので、どこまで妥協できるかを考えて交渉していきましょう。

ただ何もかもをコストダウンしてもらうようでは、あとから設備に不満がでてきたり、手抜き工事につながったりすることもあるので、しっかりお金をかけるべきところは見極める必要があります。

リフォーム工事においてお金をかけるべきところとしては、水回りの設備であるキッチンやバスルームが挙げられます。

また案外住宅設備内では優先度が低く感じられる洗面所なども、実際にはあとから「こうしておけばよかった」と思われる箇所になっています。

水回りは不具合があると漏水や腐食により住宅全体の価値が下がるので、安全面にも配慮しつつしっかりとしたものを作っておきたいところです。

施主支給を上手に利用する

住宅設備に詳しい人や、何らかのコネクションがあるという人なら「施主支給」という方法も予算を浮かせるために便利です。

施主支給とは簡単に言えば施主本人が工事に必要になる設備を購入するという方法で、住宅メーカーなどにお願いして限られた設備内容だけになってしまうことを避けることができます。

よくあるのが洗面所設備のユニットで、工事の日程に合わせて施主の方で配送をしてもらい、設置のみを業者にお願いします。

ただ施主支給の場合、住宅の間取りにきちんと合うサイズのものにしたりなどかなり住宅に関する知識が必要になってきます。

また安くするために施主支給をしたのに、結局追加工事に必要になって高くついてしまったということもあります。

施主支給は工事受ける業者にしても売上が下がることになるので、コストダウンをお願いする場合などを除きあまり喜ばれることではありません。

ですので事前にきちんと連絡をとり、話し合いで設置について承諾をお互いにとれるようにしてから行うようにしましょう。

リフォーム工事の3大トラブル

リフォーム工事でよくあるトラブル事例について

リフォーム工事では高額の金銭や大規模な工事を必要とすることから、どうしてもトラブル事例に発展するケースが多くなってしまいます。

実際に住宅リフォームに関する相談を受けた「住まいるダイヤル」というところでまとめたリフォーム工事に関するトラブルのうち、相談件数が多いものとして挙げられるのが「工事に不具合がある」「契約内容と工事内容が違う」「工期が遅れた」といったものです。

ただこのうち圧倒的多数を占めているのは最初の「工事の不具合」で約6割となっています。

やはり自宅への工事については依頼主もかなり大きな期待をしている分、思うように工事がされていなかったということについて不満をいだきやすいようです。

完全に新築から作る場合にはモデルハウスなどでかならずそうなるという見本も作りやすいのですが、間取りが複雑な既存住宅を工事する場合には、実際に工事になってからわかることも多くそれがトラブルを生み出す要因になっています。

とはいえ、プロの施工業者さんが事前に既存設備を確認して行う契約ですから、そこに不具合が生じるということは重大な過失です。

もし事前の説明と異なる部分や、使用してみて明らかに失敗が疑われるところはしっかりと訴えていきましょう。

リフォームトラブルの解決の難しさ

リフォーム工事に関するトラブルで特徴的なのが、ほとんどの場合で実際にトラブルとして認識されるのが完成後しばらくしてからであるということです。

つまりリフォーム工事が終わった直後ですぐにわかる問題というのは少なく、実際に住宅設備として使用をしてみてやっと失敗だったとわかることが多いということになります。

具体的な工事の失敗についてのトラブルとしては、水回りにおける水漏れや設備のひび割れ、汚れといったものがあります。

悪質な事例としては工事をしたために建物全体が傾いてしまったりして、扉が閉じなくなったり床面が歪んでしまったりというようなこともあったりします。

そうした設備不良が起こるのは、やはり担当した施工業者の技術不足が考えられます。

また無理な工程で突貫工事をしたようなときや、コストダウンをしすぎて必要な工具や材質を用いなかったということも原因になります。

完成時にはしっかりチェックと写真撮影を

リフォーム工事での不具合を避けるためには、完成時の検査をしっかりと実施することが有効な対応策になります。

明らかに水漏れやひび割れがある場合についても、完成時に詳しくチェックをすることでその場で防ぐことができるケースもあります。

また完成時にはなかった設備不良があとから発生してくることを考え、できれば完成検査時にはリフォーム工事をした部分の写真撮影をして、どのように変化したかがわかりすくしておくとあとからの話し合いがスムーズに進みます。

原因不明の不具合の場合には途中で工事に参加した業者のどこに責任があるかがわからずうやむやにされてしまうことも考えられるので、どこにどんな不具合が起きたかがはっきりわかるようにし、かつ何か問題があったときどこに最初に訴えればよいかといった窓口責任者をしっかりと決めておくようにしましょう。