対人関係のトラブル

人間関係は本当に大変

○周囲との軋轢に苦しむケースも

賃貸物件に限らず、分譲住宅や一戸建てであっても、その地域の人間関係に苦しむというケースはすくなくありません。これが原因で、「家を売って出ていく」「引っ越しをする」という人もいるくらいなので、思った以上に大きな問題となっていることがお分かりいただけるでしょう。では、いったいどんな問題が発生しているのでしょうか。

 

○転勤族はそれだけで良く思われない

大都市や、地方の中心地であればそうでもありませんが、過疎地などの場合「外から来た」というだけで苦労するケースがあります。地方では、その地方独特の仲間意識が育っているために、悪く言えば「閉鎖的で、外からの人間を受け付けない」という人が多いのです。これに関しては多くのところで指摘もされていて、「転勤したら、周囲の人に冷たくされて困った」「友達がなかなかできない」などと言われることも。

酷いところだと、「転勤族の子供とは仲良くさせない、いずれ出ていくから」などという差別意識を持っている人もいます。もちろん、これは極端な例。「よそから来た人だからこそ、親切にしてあげよう」という意識の人もたくさんいますが、一部では「転勤族の人を避ける」というケースも発生しています。

地方であっても、中心地と郊外では人や町の雰囲気が全く異なるため、きちんとその都市の雰囲気を知ることが重要になります。

 

○家賃問題や、物件の値段問題

新築マンションも、10年もすれば価値が変わって安い賃料で貸しに出されることが少なくありません。

しかし、価値が下がったからと言ってもともと住んでいる人の賃料が安くなるかといったら大間違い。契約の内容によっては、入居した時と賃料が変わらないというケースが少なくないのです。

こうなると、「後から入ってきた人の方が家賃が安い」ということで、敬遠されることがあります。

もちろん、これは勝手な逆恨みであって、後から入った人が責められる必要はどこにもありません。ただ、そういう心無い人間がいるということですね。

こういう人たちには話し合いが通じないので、下手すると「部屋を出ていくまで嫌がらせをされる」ということもあり、厄介ですね。

 

極端な例ばかりといわれるかもしれませんが、現実的にこのようなことがありますので、きちんと対策をされることをお勧めします。その土地がどんな土地なのか、どういう風習があるのかなど、できるだけ情報収集をしておくことが大事。むしろそれをしないと、思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあるので注意してください。

家主との問題

一番厄介なのが、家主とのトラブルです。
世の中、いい家主ばかりではありませんので、借主と家主の間でトラブルになることも少なくありません。
家主に問題があってトラブルになるケースの多くは、家主が「部屋を貸してやる方が偉い」などという間違った知識を持っていること。

こういう思考の家主だと、「嫌なら出て行け」というだけになりますので、問題が拗れる可能性があります。
賃貸物件というのは、貸主と借主の双方がいるから成立するものであって、どちらが偉いと決められるものではないのですが、どうしてもその辺りの意識が薄い様です。
まず、どんなトラブルがあるかについて挙げてみましょう。

・同棲を始めたら、家主に出て行けと言われた。
契約書に「一人しか住んではいけない」などという記載はないので、納得できない。

・エアコンの修理を頼んだのに、いつまでたっても修理業者がきてくれない。
家主に聞いてみたら、「雨の日が続いたから、エアコンを直すのに必要なガスを入れることができず、行くことができない」とぶっきらぼうに言われた。
そういう事情なら早くに伝えてくれたらいいのに、一言も連絡がないし、「連絡せずに申し訳ありません」の一言もなく、不信感がある。

・退去する時に、高い修繕費を出されて驚いた。

・入居する時には何も言われなかったのに、子供が生まれてから「子供は不可の物件」であることを知らされた。

・家主が変わったら、「前の家主が敷金を持っていってしまい、私は受け取っていないので新しく敷金を納めなおしてほしい」といわれたが、違法ではないのか。

など、軽く挙げるだけでも家主とのトラブルは数多くあります。
中でもトラブルになりやすいのが、「言うことを聞かないなら、出て行け」と一方的に言う様な家主。

借主だってお金を払って住んでいるのですから、意見をいったり、間違いであることは間違いだという権利があります。

こういった一方的な家主がいるので、賃貸物件ではトラブルが耐えないのです。
もちろん、家主だけでなく借主にも迷惑をかける人はいます。
しかし、「家を貸してやっている」という立場をかさに立てる家主が多いことも事実。
こういった家主には、どう対応をしたらいいのでしょう。

・仲介業者に相談
あまりにも不当な物言いをする家主の場合、仲介してくれた不動産屋に相談して家主に注意してもらうという方法があります。

しかし、家主の味方をする不動産屋もいますので、そういう場合は不動産屋が所属している協会に注意をしてもらいましょう。

騒音問題が起きた場合

賃貸住宅に多いトラブルの中に、「騒音問題」があります。
「上の階の足音がうるさい」「子供の声が響く」など、マンションやアパートは騒音問題がつきもの。
現代は、ピアノを練習する音すら「騒音」とみなされてしまいますので、子供たちの多くはヘッドホンつきのキーボードを購入することが一般的になりました。
なんとも窮屈な世の中になったものだと嘆く人もいますが、騒音問題に悩んでノイローゼになる人もいるくらいですので、騒音問題というのはデリケートな問題でもあるのです。

・騒音問題に悩んだら
まずは、「その騒音は本当に真上の家庭からか」について、調べなくてはなりません。
というのも、マンションやアパートというのは時として「真上ではなく、斜め上の音が気になる」ということもありますので、きちんと調べてみないと原因の特定ができないのです。

まずは、家主もしくは管理会社に「騒音に悩まされている」という旨を伝えてもらうことが大事。
この「伝える方法」にはいくつかの方法がありますが、ひとつは「誰もが目にする掲示板に、騒音禁止のポスターなどを貼っておく」というもの。
もうひとつが、騒音の主と思われる相手に直接注意をしてもらうことです。
順序から言って、最初は「掲示板に貼紙をして、騒音問題に悩んでいる人がいることを知ってもらう→それでも改善がされなければ、「個人に対して手紙で警告するか、家主や管理会社が直接注意する」という流れになるでしょう。
また、家主によっては「直接部屋に入り、騒音がどの程度酷いのかを確認する」という可能性もありますので、どの様な対応をするかは、家主や管理会社に一任すると良いでしょう。

・直接注意をするという方法は?
あまりにも騒音が酷い場合、上の階の住人に自分で注意をするという方法もあります。
でも、この方法はあまりオススメしません。
この方法だと、上の階の住人とトラブルになってしまうことがあるからです。
こちら側の気持ちをきちんとわかってくれる人ならいいですが、残念ながらそういう人ばかりではなく、逆ギレをして嫌がらせをする様な人もいるのが現実。
こうなると、騒音に加えて更なる精神的疲労を受けてしまう可能性もあります。

ここはやはり、第三者である家主や管理会社に入ってもらうことが、一番負担の少ない方法ではないでしょうか。

・子供の足音への対応
子供が走りまわる足音が苦情に繋がるケースも多いですよね。
子供がある程度家を走るのは、仕方がないことです。
しかし、「仕方がない」で終わらせるのではなく、防音絨毯やコルクマットを敷くなどの対応をすることが大切。
この様な対応をすることで、騒音がマシになることも知られています。

「子供がいるからしょうがない」で済ませるのではなく、きちんとした対応を求めていくことは、大切なことになるのではないでしょうか。

水漏れが起きてしまったら(加害者側)

・最も多いトラブル、水漏れ事故
賃貸マンション・アパートでよく起きるトラブルのひとつに「水漏れ」があります。
水漏れとは、簡単に言えば「上の階の水が下の階に流れてしまう」ということ。
原因は「パイプが壊れる」「お風呂のお湯を出しっぱなしにしてしまった」などの原因が考えられます。
この水漏れトラブル、契約時に家主からは「どこまでが入居者の責任なのか」については説明がありませんので、自分で勉強をするなどして、注意をしなければなりません。

・どこまでが入居者負担か?
水漏れ事故が起きてしまった時、心配になるのが「どこまでが入居者負担(事故を起こしてしまった側)」の責任になってしまうかです。
まず、水漏れ事故が起きてしまったら、家主や管理業者などが状況を確認し、責任の所在をはっきりさせます。
ポイントは、「入居者に何らかの責任があって、生じた事故かどうか」。
例えば、床下のパイプが壊れて水が漏れ出してしまった場合、「パイプの劣化」が原因で水漏れを起こしたことになりますので、修繕費用は家主負担になるはず。
しかし、「排水溝にゴミが詰まって、水漏れが起きてしまった」という場合だと、「入居者が適切な掃除を行わなかった」ということが水漏れの原因になりますので、水漏れの責任は入居者がとる、ということになります。

・水漏れ事故を起こしてしまったら?
水漏れ事故を起こしてしまった場合、どうしたらいいのでしょうか?
この原因が入居者にアリと認められた場合は、入居者が下の階の修繕費や、ぬらしてしまった荷物の弁償などをしなければなりません。
家電製品や布団などは、一度濡れてしまうと使うことができませんので、弁償が必要になります。
一般的には、賃貸物件を借りる時に不動産屋が保険会社との契約を求めますので、何らかの保険に加入しているはずです。
この保険の中の、「個人賠償保険」というものに加入していれば、その保険の適用を受けることができますので、保険会社と協議の上で賠償をすることになります。

・しかし、保険会社にも問題がある
「じゃあ、保険会社が賠償してくれるからいいじゃん」と思われるかもしれません。
でも、実は保険会社の賠償というのは「減価償却」をした上での賠償金ですので、新しいものを購入することができる様な金額にはならないこともあります。
これが、トラブルのもと。
例えば、3年前に買った10万円のパソコンを水漏れで駄目にしてしまったとします。
購入から3年が経過していると、減価償却されますので支払われる金額は10万円に届きません。
でも、3年が経過していたとしてもそのパソコンは使えたわけですから、水漏れの被害者となった人にしてみれば、「納得がいかない」ということになりがちです。

また、保険会社の中には「被害者との交渉の間に入らず、相談のみ受け付ける」というところもありますので、こういう保険会社に加入していると、一番辛い「被害者との交渉」を加害者である自分がしなければなりません。

何かと揉めることが多い水漏れ事故ですから、最悪の場合を考えて「仲介してくれる保険会社」を選んでおいた方が確実だと思います。