契約や金銭に関するトラブル

契約書を読まなかったばかりに…

実は、世の中には「契約書を良く読んでいないが為のトラブル」というのが数多く存在します。
契約書というのは、その物件を借りる為の条件がすべて詰まっているもの。
つまり、きちんと読んでいないと大変なことになってしまう、ということです。
賃貸物件の契約書は、小さくて細かい文字が羅列されていることがほとんど。
その為、契約書の内容をよく確認せず、判を押してしまう人も多いでしょう。
でも、契約書は「まず判を押す前に、コピーをもらってでもしっかりと読んでおいた方がいい」ものです。
こちらのサイトにも、その重要性が記述されていました↓
>>>これを逃すとトラブルのもとに!賃貸契約の重要ポイント!

このサイトにもありますが、契約書というのは、その後の成果地に大きく関わってくるものです。
ネット上で賃貸物件関連のトラブルを探してみると、中には「契約書の中に納得できない部分がある」という点で、揉めていることも少なくありません。
ここで、契約書のチェックポイントを見てみましょう。

・管理をしているのは誰なのか
これは、賃貸物件を借りる時に必ず確認しておきたい事項です。
物件の管理は、管理会社が請け負っていることもあれば、家主本人が行っていることもあります。
どちらが責任者なのかという「所在」をはっきりさせておくことは、とっても大切なこと。
なぜなら、たとえ家主であっても、管理をしていない人にトラブルの対応はできないからです。

実際に住んでみるとわかりますが、賃貸物件のトラブルというのはかなりの確率で起きるもの。
泥棒が入ったり、駐車場で事故があったり、住人同士が揉めたり・・・など、本当にたくさんのトラブルが起きるのが賃貸物件です。

その様な事態にいちはやく対応してもらうには、やはり責任者をはっきりさせておかなくてはなりません。
「トラブルがあったけれど、どこに連絡していいかわからず、対応してもらうのが遅れた」という事例は、すくなからずあるものです。
これは、絶対にチェックをしておきたいものです。

・更新料がかかるかどうか
更新料とは、マンション契約を更新する時に発生するもの。
この更新料はひと月ぶんの家賃ほどの料金がかかることも珍しくありません。

契約書にしっかりと「更新料」のことが明記されているにも関わらず、契約書を読まなかった為に「知らずに契約した」ということになり、後から後悔するというケースも後をたたないとか。

更新料が必要ない賃貸物件も増えていますので、契約当初に「更新にお金がかかる」ということを知っていれば、その物件は避けるという選択も可能になります。

とにかく、契約書を読んで「おかしい」「納得できない」という箇所がある場合は、契約をやめるという選択もすることもできますので、まずは「契約書を読んで気付く」ことが重要です。

高齢者だと家を借りることができない?

賃貸物件の契約で、問題になるのが「高齢者だと物件を借りることができない」というもの。
よく「お年寄りだと賃貸契約ができない」と言われることってありませんか?
実は、日本が持ち家思考なのは、この様に「年齢を重ねると、物件を借りることができなくなるから」という理由も大きく関係している様なのです。
お年寄りになれば、なかなか賃貸物件を借りることができなくなる。

だから、一戸建てを購入しておく、ということもある様なのです。
この「高齢者だと賃貸物件を借りることができない」ということには、以下の理由がある様です。

・孤独死の問題
高齢者の問題として、最近大きく取り上げられているものに「孤独死」があります。
孤独死とは、一人暮らしのお年寄りが部屋の中で死んでしまうということ。
誰にも気付かれずに亡くなってしまうという、とても悲しい亡くなり方です。

核家族が増加し、同居世帯が減った今、一人暮らしのお年よりは数が増えているそうで、その中で「孤独死」を迎えるお年よりも、増加傾向にあるのだとか。
この為、「お年寄りに物件を貸してしまうと、孤独死をしてしまう可能性がある」と恐れる不動産屋も多いようです。
部屋の中で亡くなった人がいると、その物件は「事故物件」という扱いになりますので、なかなか借り手がつかなくなるのだそう。
そうなると、賃料を安くするなどの対応を迫られる為、家主としては「避けたい」と考えるそうです。

・とうとう国も動き出した
高齢者が家を借りられない。
これが日本では社会問題にまで発展してしまった為に、とうとう国が動き出しました。
平成13年には、高齢者の住居問題を解決する為の法律が定められ、この中では「高齢者でも借りることができる賃貸物件の登録」などが盛り込まれています。
これにより、お年寄りの「住むことができる賃貸物件探し」がとても便利になったと言えます。
しかし、それでもお年寄りが住む賃貸物件探しが難航するのは変わりません。

・しかし、将来は事情が変わるかもしれません
賃貸物件を借りるのが難しくなっているお年寄りですが、近い将来はその事情が変わるかもしれません。
今は、「高齢化社会で少子化」ですので、これからどんどん子供が減り、お年寄りが増えていきます。

この様な時代の中で、お年寄りに住居を提供せずに賃貸物件がやっていけるでしょうか。

今の日本の事情を考えると、今後は「お年寄りに対しても、物件を貸す不動産屋が増えるのではないか」と思われます。