Author: SLhom7uK

棟梁ドットコム

設置が必用な住まい関連の生活器具の販売サイト

リフォームや引っ越しに付随して発生するトイレ、ユニットバス、ガスコンロ、テレビアンテナ、エアコンなどを販売する総合サイトです。
生活に関する器具一式を1つにまとめたサイトで利便性が高く、商品探しが容易なサイト構成となっています。
取扱商品の多くは設置作業を要するものですが、申し込めば棟梁ドットコムが現地にスタッフを派遣して個別に見積もりを実施の上、総額に納得がいけば契約するという形なので不安がないのが特徴です。

工事の予定日は棟梁ドットコムより連絡があり調整のうえで、機器を持参して設置工事が実施され、設置完了後は作業スタッフより完了確認書が渡されます。
なお営業エリアは広いのですが、エアコンやテレビアンテナは日本全国広く対応してくれます。
ただし、トイレ工事は関東(東京都他3県)と岡山県、ガスコンロは関東(東京都他3県)、大阪府、岡山県などと限定されているので注意が必要です。

保証に関連する注意事項

製品本体の保証は各製品メーカーの規定に準ずることになります。
保証関係の書類は本体の外箱に入っていますので施工の際に確認し、確実に保存するようにしましょう。

またメーカー保証期間の延長保証も可能です。
メーカー保証期間が経過してしまうと修理が高くつきます。
メーカーが保証する年数のみでは不安がある場合は、さらに保証年数を延ばすことが可能な「延長保証サービス」に入ることも可能です。
この延長保証は、製品メーカーの保証終了後も、引き続き使用開始時から延長契約期間が過ぎるまでは、メーカー保証と同様に保証されるサービスです。

例えばウォシュレットの保証契約期間は、5年、8年の2通りから選ぶことが可能です。
ただし、この延長保証の対象からは便器が外れています。
こちらは通常壊れるものではありませんが、正常な使い方で起こった故障や不具合は、トイレの交換の際はゴムパッキン等の消耗品を除き10年間の保証があります。

また、万が一施工者側の不備のため不具合が発生した場合は、10年間無償で施工補償の対象です。
この施工保証の対象から外れるのは、施工時流用した既設配管などの経年劣化に起因する場合や施工後設置部材に別途他業者等の作業がされた場合、地震や火事で発生した故障の場合です。

不具合を復旧するフロー

保証に関しては施工を行った担当スタッフが、故障等の状況を把握し対応に当たります。
施工不備のケースでは早期の修理が望まれますがやむを得ず後日訪問など、訪問まで日数が空く場合もあり、早めの連絡が大事です。

保証対象外で、修理に新たな部品や材料、作業が必要な場合は、料金が発生しますのであらかじめ確認が必要です。

ワイ・ペリア

安全重視のリフォーム

この会社は、見かけのリフォームよりも、住宅建物の骨組み、基礎、耐壁力等の構造上に不安のないリフォームを最重視し、さらに改修の工程を見学できるようオープンで安心安全な施工が特色です。
建物は外観からは建物の構造や材質、工法は判別しづらいものです。
その判りにくい建物の構造の事などを、リフォーム・改修中に実際に間近にチェックできるオープンな施工なので安心できるのです。

リフォームを依頼した施主は普段図面を見慣れないので、図面を見て完成後の建物を想像することは困難です。
ワイ・ペリアはカタログやイラスト、写真のみならず、模型や3Dを駆使して、施主が完成後をイメージできるように工夫して補修内容の説明が行われます。
そのため、完成後の姿が思い浮かび、着工後完成に至るまでの補修過程を見ることが楽しみになるのです。

施工してくれるのは確かな建築工事の知識と技術を習得したベテランのスタッフが担当します。
営業範囲は東京都新宿区をはじめ豊島区など都内の全域と近臨の県です。

実際の補修の例

住宅分野では、前段階に壁や天井に点検口を開け、構造・材質を確認後、壁を撤去しキッチン及びリビングを一体化させるなどの工事実績があります。
この工事ではビニールのクロス、フローリングも新たなモノに張り替えられアクセントとして壁の一面に施主の好みのクロスに貼りかえられました。

築30年以上の鉄筋コンクリート建てのビルの2階の一部屋のリフォーム例は、一人住まいの住居をこどもと同居して広く使えるよう使い勝手を最優先にしたリフォームが実施されています。
マンション一室を夫婦が好む和風に補修・リフォームされた工事は、ホワイトを基調とした清潔感の溢れる居間とオープンな和室(居室)とされ壁には豊富に収納が設置されました。
近年では介護保険を使って畳をフローリングに変えたりバリアフリー化にかえたり、などの住宅リフォームが増加傾向にあります。

外部工事では築15年以上メンテナンスを行っていなかったせいで、金属部のサビ、コーキングの経年劣化などが目立つ建物では、足場を設置した上、コーキングの打ち直しや、コンクリート打ちっぱなし面の塗装、防水塗装などのリフォームが行われました。
また外壁が吹き付けで損傷があれば再吹き付けし、タイルであればタイルの清掃、金属部分は再塗装や防水が行われます。

店舗内装リフォームはまさに店舗の種類によって様々ですが、店主やシェフの希望で、シンプルで落ち着いた雰囲気に仕上げたり、明るくカワイク仕上げたり、好みや取扱商品によって自在にテイスティング可能です。

注目される耐震補修

筋違(すじかい)は耐震性の主役となる部材です。
在来の木造造りでは柱と梁の接合のみでは耐震強度が弱いため斜めに木材を設置し、耐震性を上げます。
近年では筋違以外に、壁に構造合板を張り付け、耐震性を上げる工法がメインになってきました.
ワイ・ペリアは、東京都の耐震診断事務所として防災・街作りセンターに認められている保証付き業者です。

一人暮らしの間取り選び

実際に暮らすことを頭に浮かべる

一人暮らしに最適な間取りのポイントは、狭すぎず、広すぎずです。
広々した物件に暮らしたいと思う方もいると思いますが、広い部屋だったり部屋数が多い物件だと掃除が大変になるという事を考慮しなければなりません。

今まで部屋の掃除はお母さん任せだったという方が大半だと思いますが、一人暮らしをするのなら食事の支度も洗濯も掃除も、全て自分がしなければなりません。
部屋が汚いと心もスッキリしないものです。
一人暮らしで家事を行う際、面倒のない物件を探す事が一番です。
トイレ、バスルーム、キッチン、収納など必要な要素を兼ね備えたワンルーム、大きくても1DK・1LDK位にとどめておく方が機能的ですし、掃除も苦労なくできます。

1R・1Kはこういう作り

1R(ワンルーム)、1K(ワンケー)の違いがわからないという方も少なくありません。
1Rというのは一つの部屋の中にキッチンが収まっている部屋です。
部屋が広々したイメージになりますが、お料理の匂いや料理中の音がダイレクトです。

1Kはキッチンが独立しているワンルームというイメージです。
キッチンがお部屋と別になっているので必然的にお部屋部分が小さくなります。
しかしキッチンが独立していることで、料理の匂いや調理中の音などがお部屋に伝わりにくいというメリットがあります。
冷蔵庫やお鍋、食器類などがあると生活感が完全に見えてしまうのでそれが嫌という方は、ワンケー、お部屋を出来るだけ広く利用したいという方はワンルームを選ぶといいでしょう。

1DK・1LDKはどんな作り?

これまでDK(ダイニングキッチン)とLDK(リビングダイニングキッチン)の違いがはっきり判断できなかったのですが、不動産公正取引協議会では、居室1つに対しもう一つの部屋、空間が「4.5帖以上8帖未満」をDKとしています。
このもう一つの空間が「8帖以上」となると、LDKとなります。
つまり、DKとLDKの違いは、居室以外のもう一つの空間の大きさを確認すればはっきりわかるという事です。

基本的にもう一つの部屋の大きな違いがDKとLDKの違いとなるので、どの位の部屋の広さが欲しいのかによって、DKにするかLDKにするか決まってきます。
一人暮らしの場合、2DKなど部屋数は必要ないので、居室以外の空間の広さがどの程度欲しいのかによって、検討していくといいでしょう。

費用重視なら1K・1R

一人暮らししてもそれほど自炊しないと思うし、キッチンの機能性や独立性、広さなどを気にしない、という方は、1K、1Rの方が家賃も安く掃除も楽です。
1K・1Rと1DK・1LDKでは、家賃も大きく違います。

特に都市部に行くと家賃にかなりの差が出ますので、費用重視という事なら1K・1Rを選択しましょう。
現在の賃貸物件は収納部分が工夫されていたり、ロフトなど空間をうまく利用した作りが多いので、1R・1Kでもかなり広さを感じる物件となっています。

西都建物

会社概要・経営理念・特徴

1987年7月7日に設立された東京都国分寺市にある会社で、首都圏を中心にして業務を展開しています。
新築や中古物件などの分譲を行っていましたが、更にリフォーム業にも進出してお客様のニーズに対応できるようにしています。

リフォーム業に進出することになった経緯は、新築や中古物件を購入していただいたお客様が次の世代にも良い状態のまま残せるお手伝いをしたいと考えたことがきっかけでした。
マイホームは一生のうちにそう何度も訪れないほど高額な買い物になるため、長期間に渡って大切に住みたいと考えている方が多いです。
そこで快適な状態で過ごすために必要なお手入れのアドバイスを行いながら、長持ちさせるために必要なリフォームを提案しているのが特徴です。

住宅の傷みは経年劣化によって必ず生じるものですが、早い段階で改修するほど費用を抑えることができます。
できるだけ早い段階で改修できるように無料で定期点検を実施したりポスティングを行いながらお客様との関係を円滑に保っています。
西都建物の本業は不動産業という強みを活かし、ライフステージの変化によって住宅が不要になった時には買い取りの相談に乗ってもらうこともできますし、リフォームをする際に必要なローンを組みたい場合には提携している金融機関を紹介してもらうことも可能です。

主なリフォームメニュー

実施しているリフォームは主に内装工事や設備工事ですが、特に多いのは外壁や屋根のリフォーム工事です。
住宅で最も傷みが生じやすいのは常に風雨の影響を受ける外壁や屋根ですが、どうしてもメンテナンスが遅れがちになるため家の耐用年数を縮めてしまう原因になっています。
現状では早急にリフォームが必要なのか判断できないというお客様のニーズにお応えできるように、まずは専門スタッフが現状を診断した結果に基づきリフォーム工事の提案や施工を実施しています。

ただし、最初はお客様が自分自身でお手入れできる方法を提案し、無理やり必要もないリフォーム工事を提案することはありません。
逆にお客様からリフォームを検討していると相談を受けた場合も、早急な工事は必要ないと診断された場合には適切な時期が訪れたら再度お声がけをするという方法を実施しています。
万全なアフターケア体制が整っていることから、リフォームに関する信頼感も厚いのです。

リフォーム施工事例

過去にお付き合いのあるお客様がリフォームを実施する事例が多いです。
例えば過去に新築物件を購入した方で、定期的に回ってくる担当者や配布されるチラシなどを通じて信頼関係を築くことができているため、安心してリフォームの施工も依頼できたという事例があります。
工事内容は外壁と屋根の改修工事だったのでご近所にも迷惑がかかることに配慮してきちんと挨拶をするなどの配慮もあったと高く評価されています。