Author: SLhom7uK

LOHAS studio

首都圏を拠点に活躍するリフォーム店

LOHAS は「lifestyles of health and sustainability」の頭文字の略とされ、意味は健康で持続が可能な生活という価値観です。
アメリカの社会学者や心理学者が20世紀末に行った生活の価値観に関する調査から誕生した言葉です。
この調査によるとアメリカでは成人人口のおよそ3割が、ヨーロッパでも約3割5分の人がLOHASに共感した生き方をしているとされています。
このLOHASの価値観を重視して、現代と伝統ともに生活に取り入れる生活を理念とするリフォーム会社がLOHAS studioです。

LOHAS studioは平成4年にさいたま市で設立された有限会社プラスが起源です。
平成19年に社名をOKUTAに変更しLOHAS studioを運営しています。
平成22年、23年には国交省の「長期優良住宅先導事業」に選定されました。
現在、首都圏を中心に12店舗を展開しています。

LOHAS studioの材料調達システムの特徴

OKUTAのシステムで、他社と異なる大きな特徴が「材工分離」です。
一般的には、材工一式工事では流通(工事請負)段階に複数の業者が入る為に中間卸でのマージンが発生します。
その分だけ最終価格が高くなってしまうのです。
OKUTAの採用する材工分離システムでは材料と商品は「材」、工事は「工」とハッキリ区分しています。
キッチンやユニットバス等の住宅設備やフローリング等の「材」はOKUTAの商品販売部門「OK-DEPOT」が直接メーカーから買い付けます。
そのため安価に高品質で高性能な製品が選べるのです。

自然や環境へのこだわり

地球環境や人の健康を重視する天然素材を使用することを重視します。
下地や接着剤等、表からは見えない細かい部分にも手を抜かず、健康的で持続可能な社会を進める取り組みに住まいづくりの面で参加しているのです。

自然に優しいリフォームは、塩ビのクロスや合板等化学物質を含む建材を使わずに、住んでいるときも、将来建て替える際にも、人にも環境にも優しい癒される住まいづくりなのです。
壁の材料には、オール自然素材の壁材「EM珪藻土」を採用しています。
このEM珪藻土は、北海道産の珪藻頁岩を約6割含んでいます。
また、壁材作りにも珪藻土本来の良さを存分に引き出せるようにすべて自然素材が使われており、珪藻土に色を付けるための顔料まで天然素材です。

EM珪藻土は性質上、調湿機能を持ち、部屋の中の湿度を最適に維持し、じめじめした夏季は涼しく、乾燥した冬季は暖かい湿度となるよう水を吸ったり吐いたりして調整してくれるのです。
さらに消臭機能もあり、室内の生活やペットの臭い等も吸着して脱臭してくれる優れものです。
フローリングや建具関係には、無垢木材がふんだんに使われ、この木材は通常は高額なのですが、OKUTAが独自に開発・製造を行い低コストで調達できるのです。
無垢の木材のフローリングは、冬でも素足で過ごせ、夏は涼しく快適です。

フレッシュハウス

持ち株会社SOMPOホールディングスの一角を担う成長著しい会社

この会社は、平成7年に「安全で快適な住居の提供」を使命として神奈川県の平塚市に誕生したリフォーム会社です。
平成7年時点の従業員数は何とわずかに3人でした。
しかし平成28年には生誕の地・平塚に人材を育てるために研修所を建てる等、一級建築士約10名、二級建築士約30名を擁するまでに大きく成長しています。
このことから同社は消費者の嗜好や時代・社会の変化に適応力があり、消費者のニーズに応え続けていることが伺えます。

また、同社の顧客は約60パーセントをリピーターが占めており、高い品質と信頼を得ていることが証明されます。
その事の追求のためこの会社では平成26年からチーム営業制が採られ、様々な視点から付加価値を提案することを目指しています。
さらに、平成27年には損保ジャパン日本興亜を傘下に持つSOMPOホールディングスグループの一員となるなどその躍進は目覚ましいものがあります。

このグループに入ることはフレッシュハウスが蓄積している豊富なノウハウにSOMPOホールディングス各社のネットワークによる大きな資本力や信用力が相乗的に加わり、さらに大きな飛躍が期待されています。

力を入れるリフォーム提案力

安心・安全に顧客の要望を聞き取り実施するのみならず、顧客が気付いていない潜在的な要望をも引き出し、その気持ちを住まいのカタチとして実現するために、チームとしてのリフォーム提案力に注力しています。
多様性のある優秀なスタッフが集まるチーム制でリフォームに対応することで、各視点でプロの眼から見た充実した高品質の提案が出来るのです。

施工も丸投げ外注はせず自社管理施工で、自社で100パーセント現場を管理しています。
このため施工品質チェックが確実で高レベルの品質が均一に維持できるのです。
また、一度工事をした家屋に関しては履歴書を発行して以前の工事履歴を記録できるので、先々に行うリフォーム工事の参考資料とすることが可能です。

リフォーム工事の流れ

まずは内装外装を問わず、小さな補修工事でも気になる点をフレッシュハウスへ連絡することからリフォームの流れは始まります。
連絡をすれば担当者が訪れてくれ、相談と現場の実地調査後に、様々な専門的な視点から助言と提案をしてくれます。
例え、明確な希望がない部分もチームが豊富な経験やノウハウを活かして充実した補修工事を提案してくれます。
見積りを望めば、工事個所や部材を指定した上で、見積もってもらいます。
工事の内容と見積り金額に納得できれば契約をします。

施工は確かな技術を持つ専門の施工スタッフが丁寧に工事を進め、工事開始に当たっては近所への挨拶が徹底されており、トラブルがない点もフレッシュハウスの特徴です。
工事完了の後も、万全のアフターサービスでバックアップしてくれますので安心です。

ゆとりフォーム

東証一部の「文化シャッターグループ」の一角

この会社は、小規模な一部手直し程度の工事から大規模な全面改装まで様々なニーズの補修サービスに幅広く対応してくれます。
具体的なリフォーム後の姿が浮かばない場合でも設備や内装に不満点があり相談すればアドバイザーが要望を聞いて最適なリフォームプランを提案してくれます。

ゆとりフォームのプランの特徴には、リフォーム分野別に様々なプランが設定されていることが挙げられます。
場所別にそれぞれに「おてごろプラン」「おすすめプラン」「ふんぱつプラン」というわかりやすいプランが設けられているのです。
この3種類のわかりやすいプラン名が付けられているのは、台所・ユニットバス・トイレ・コンロ・フローリングがあります。

東京エリアで最も人気を博する会社

リフォーム産業新聞社が発表する全国リフォーム売り上げ順位で東京地区で8年連続の堂々1位に輝きました。
東京は最も激戦区と言われており、このエリアで連続して1位を取れるということは顧客満足度が高く、厚い支持と信頼に支えられているということが伺えます。
平成9年の創業来、重ね上げた施工件数も、首都圏だけで30万件以上にも上ります。
30万件という数字は、千代田区内の世帯数の約10倍にも及ぶ数であり、いかに膨大であるかが分かります。
近年の実績も一年間だけで2万件以上という堅調ぶりで、この積み重ねてきた膨大なノウハウが次に生かされるためその数の効果は絶大なのです。

美しさが自慢のゆとりフォーム

ゆとりフォームの施工スタッフは、厳格な社内基準を満たした職人です。
アドバイザーは職人と施主との橋渡し役を担って工事を円滑に進め、施工中に気になる点も遠慮なくアドバイザーに申し立てやすい雰囲気を作ります。
また、一級建築士が各店舗に在籍していることも信頼の根拠になっています。

近年の住宅リフォーム業界においては、人手不足もあり手抜き工事やデータ偽装等の問題が注目されることがあります。
ゆとりフォームはそんな業界の悪しき問題とは一切縁がなく、細部に至るまで美しく仕上げたリフォームが生み出す感動を追求します。
「品質」を高く保つ理由として、施工する現場により築年数や素材など建物条件が違うため技術力のみならず知識や経験が仕上がりに大きな影響を与えることをスタッフ一同が共有すべく、「技術アドバイザー」がサポートします。

金銭トラブル「ゼロ」を目指す

見積書を取ったものの不明な項目がある…、商品に比べ工事費が高い…など金銭に関する疑問やトラブルをゼロにしようという発想で価格プランが設定されています。
そこで、不明確になりがちな、必要な工事内容が含まれた「標準工事費」を明示することとされました。

PanasonicリフォームClub

大手生活家電会社とのシナジー効果により充実したサービスを目指す

旧社名「自由設計リフォーム・リファイン」は昭和57年の1号店開業を皮切りに、30年余り地域に高い評価を受ける住宅リフォームを行ってきたのですが、平成28年をもって「パナソニック・リフォームクラブ」の名称に改称されました。

名称が変わったとはいえ、今後ともパナソニック本社との情報共有や製品等のバックアップを受けてさらにリフォーム事業を充実させていくことが、PanasonicリフォームClubの目標です。
地域との信頼関係を継続しつつ水周りの商品を多数有するパナソニックブランドとのシナジー効果により良質なサービスを提供することが期待されているのです。

30年以上の実績を有する「リファイン」を引き継ぐ同リフォームクラブは同社の考え方に賛同するショップが参加している専門工務店の集団です。
これまで「リファイン」の旧社名の下、業界の先駆者として活躍する事30年以上、地域に根差すリフォーム工事実績を多数持ち、多くの方からの支持、評価もそのまま引き継がれています。

パナソニックはトイレやバスなどの水周り設備や内装材など幅広く住宅に密接にかかわる製品を開発しています。
パナソニック・リフォームクラブ加盟店に依頼するメリットはカタログではなく実際に各地にあるパナソニックショールームで現物を体感後に工事依頼ができるということです。

長い歴史と高い評価を受けるパナソニックリフォーム

パナソニック・リフォーム・クラブは、オリコンが平成28年に行った顧客満足度調査で一戸建て住宅リフォーム部門において2位に輝いています。
個別には営業担当スタッフの提案力や施工担当スタッフの対応等に高い評価が集まり、その部門では1位にランキングしています。

実際にリフォームを依頼した経験を有する施主を対象としたこの調査結果で高い評価を受けていることは、30年以上にわたり地域に密着して培われた信頼と努力の証であると思われます。

暮らし方をイメージすることからリフォームは開始

リフォームのフローを大きく括ると事前準備、次にリフォーム会社とプランの決定、最後に着工の3ステップです。
まず理想のリフォーム実施のために把握しておくのは、予定資金、リフォーム関連製品の情報、現状の不満点・不足点です。
次に気になる実績写真などからリフォーム会社を複数社ピックアップし、プランを詰めていきます。

ある程度プランが固まれば各社に費用を見積もってもらい、満足のいく見積もりを出した会社に決定します。
続いて契約に移り工事日程が決まり必要があれば近隣へも挨拶をしておきます。
完了すれば引き渡しとなるのですが、アフターケアとして一定期間の保証の検討もしておきます。