Author: SLhom7uK

消費税引き上げに伴うトラブルとは…

消費税引上げがこれからも実施されるため覚えておきたいポイント

政府は消費税の引き上げを段階的に行うと決め、実際にその引き上げが行われてきました。
そして、これからもう一段階消費税が引き上げられることとなっていますので、事業者としても消費税引上げに関係しそうなトラブルを確認しておいた方が良いでしょう。
事前にしっかりとポイントを押さえておき、そのための対策を取っておけば問題が生じにくくなりますので、事前の準備がとても大事です。

トラブルが起こりやすいものとしては、リフォームや新築などのある程度期間がかかる作業を請け負っているケースです。
消費税は工事が終了して引き渡しの時点での税率が適用されるというのが原則となっています。
そのため、工事を始めた時は税率8パーセントだったものの、工事が終わった時には10パーセントが施行されていれば、工事代金は税率10パーセントで計算されることになります。

トラブルになりそうなケースとは?

このように、ある程度の期間にわたる請け負い作業では、作業開始時と完了時のタイミングをきちんと見計らうことが大事です。
しかし、こうしたことも事前にしっかりと顧客に説明をして納得してもらえれば問題は生じません。

トラブルが発生しやすいのは、新税率適用前に完了するという見込みだったのに、工事が遅れてしまって工事完了と引き渡しが税率アップ後になってしまうというケースです。
また、本工事は適用前に終わったものの、その後追加工事の依頼が入って、それが新税率適用後になった場合もトラブルが起こりやすいと考えられます。
顧客としては、低い税率になると思っていたのに、どうして新しい税率を請求されないといけないんだということになるのです。

きちんと事前に説明することと契約に記しておくことが大事

こうしたトラブルを防ぐためには、契約をする際、工事を始める前に確実にそのリスクについて説明しておくことです。
工事完了が適用前後のタイミングになりそうなら、遅れてしまうと高い税率になってしまうということを、きちんと話しておきましょう。
また、追加工事を依頼される場合には、その分については本工事とは違う税率となるということも話しておきます。

その上で、契約書や重要事項説明の中に、この消費税率の変更についての条文を付け加えておくというのも大事です。
いつも定型の契約書を使っているという事業者の場合は、消費税に関するトラブルが発生するかもしれないということを考えて、税率変更のタイミングではこうした条項が加えられているものを用いた方が安心でしょう。
そして、契約書を作るだけで安心せず、その内容についてきちんと口頭でも説明して、後々の面倒なトラブルにならないようにしておきましょう。

遮音工事をしたのに効果がないから費用を払いたくない

事前になされた説明と異なり遮音工事の効果があまり感じられない

マンションなどの集合住宅に住んでいると、隣や上部の部屋からの生活音、騒音というのはとても気になるものです。
そのため、リフォーム業者に依頼して遮音工事をしてもらうケースが多くなっています。
周りからの音をシャットアウトすることができますし、自分たちが周りの人たちに迷惑をかけなくても済むようになるという効果を狙ってするのです。

しかし、実際に遮音工事をしてみるとその効果があまり感じられないという事例も起こっています。
工事を始める前のリフォーム業者の説明では、壁を叩いたり床で飛び跳ねたりした時の振動による騒音はそれほど防げないものの、話し声や音楽などはかなり防げるということが言われていました。
しかし、工事が終わってからも、隣の部屋から話し声が聞こえてきて、その状況は工事前とほとんど変わっておらず、遮音工事の効果がほとんど感じられないという事例です。

工事の内容と使った工法、材料をしっかりと説明してもらう

せっかく工事をしたのに、しかも工事代金を請求されているのに、その効果が感じられないという時は、すぐに施工をした業者に説明を求めるようにしましょう。
まず、具体的にどんな工事をしたのかという点です。
遮音用の特殊なシートやゴム製の防音材を使用したのか、それとも単にベニヤや石膏ボードなどを張っただけなのか、どのくらいの厚さの建材を使用したのかという点です。

そして、それらの建材が請求された工事費用とのバランスが取れているかをチェックしましょう。
単に石膏ボードなどを張るだけで、防音用の特殊な建材をしようしていないのであれば、30万円も40万円もかかることはありませんので、かなりいい加減な工事と見積もりだと言わざるを得ません。

さらに、工事前に防音効果についてのどんな説明をしたのかを再確認することも忘れないようにしましょう。
はっきりと、話し声などが聞こえなくなるなど、明確な効果について説明していて、それが達成されていない場合は、「不実告知」と呼ばれる条件となります。
つまり、はっきりと効果をうたったのにそれを実行できていないということで、契約を解除できる原因となります。

実績のある会社を選ぶことも大事

防音工事というのは意外にデリケートなところのある工事です。
実際に工事をしてみたものの、マンション自体の構造によって思ったような効果が出ないというケースもあるのです。

そのため、防音工事の実績があるところを選ぶのはとても重要です。
そして、具体的にどんな建材を使うのか、その建材にはどんな効果があるのかというのをきちんと丁寧に説明しているところを選ぶようにしましょう。

住友不動産のリフォーム

総合不動産グループの住宅リフォーム部門

住友不動産は、オフィスやホテル、マンション、住宅を総合的に取り扱う不動産会社グループです。
その住宅リフォーム部門は、「戸建てまるごとそっくりさん」「戸建て部分リフォーム」「マンションまるごと・部分リフォーム」の3つの部門に分かれています。

特に「新築そっくりさん」としてTVのCMが流れていることもあり、耳に残っている方も多いでしょう。
同社のメイン商品の新築そっくりさんについて注目してみましょう。

まるごとそっくりさんの特徴

専任スタッフがスタートから完成引き渡しまで施主に寄り添って、責任を持って家作りに対応してくれます。
「新築そっくりさん」工事に当たっては、担当営業エンジニアと工事責任者がチームとなり、施主が安心して住居作りができるようにともに寄り添って進めていきます。
工事中はエンジニア・統括責任者・施主の3者で定期的に集まり、工事の進行状況などを理解しやすく説明してくれますので、イメージに沿った住まい作りが実現するのです。

まるごとリフォームの現地調査に始まり、設計、工事の管理に至るまで流れの全体を一人のセールスエンジニアが専属で担当してくれます。
そのため、要望がスムーズに現場スタッフに伝達されず仕上がりに反映されなかったり、当初の打合わせの際の話と出来上がりのイメージが異なるなどのトラブルが発生しません。
全国におよそ1,500人を超える豊富な経験とスキルを持つベテランの施工統括者が「そっくりさん」を個別に現場を担当する匠として、各現場の施工をサポートするため安心です。

築年数の経った住宅には、建てられたときの施工会社の工法の違い、環境に違いによる経年劣化の差や過去の補修の有無で、様々な条件が異なり、それに応じリフォームの方法も異なります。
新築そっくりさんは、長きに渡る多くの実績で培った技術とノウハウ、データをフル活用して、全てのケースを網羅した詳しい「施工マニュアル」を作り、これに大工の豊富な経験を加えることにより、最善のリフォームが実現するのです。

検査体制を重視する新築そっくりさん

品質を重視するため、施工中は担当のセールスエンジニアと施工統括者が、施主の希望通りに工事が進んでいるか、基礎や耐震補強など安全性に問題ないか万全のチェックをします。

完成後は家全体について表面上では見えない建物構造の関連部分を専門分野ごとに、住友不動産が選任する第3者機関の工事検査員が徹底的に検査・確認します。
重点検査項目は200か所(35坪の平均的な木造住宅の例)にも及び、万一不備が見つかればやり直しの指示と再チェックがなされます。
こうして二重・三重のチェックが実施されるからこそ高いレベルの品質が保証出来るのです。

東急ホームズ

東急電鉄が中核の「東急不動産グループ」の傘下の住宅会社

東急グループは東急電鉄や東急百貨店、東急ハンズなど誰でも身近に接するグループです。
東急ホームズの位置づけは、グループの持ち株会社の下の東急不動産の連結子会社とされています。
東急ホームズのメインの事業は住宅リフォーム事業ですが他にも、新築住宅やホテル、賃貸住宅、スポーツジム、医療・介護施設関連の事業も行っています。

また独自に生活スタイルに関する研究所も持ち、美しい生活環境の創造についての研究も行っています。
リフォーム事業は約半世紀近くの長い歴史と多くの実績を有し、施工実績55万件以上の経験の積み重ねで培った技術やノウハウは高い品質を確保し、高い信頼のブランドとなっています。

戸建て住宅のリフォーム

「まるごと再生システム」は、住宅を建替える場合に比べ約2分の1のコストで実施可能です。
基礎や柱等、現在住んでいる住宅の使える部分をフルに活用して、新築同様によみがえらせる新しい建て替えの形と言えるでしょう。
心配な耐震補強もばっちりで、見栄えだけでなく新築の安心感が得られます。
コストが半分で済むだけでなく、使用する材料や廃棄物を大幅に減少させることが出来、二酸化炭素排出量の削減にも役立つ環境に優しいスタイルです。

「部分リフォーム」「維持管理」部門も充実しています。
住宅は、長期に渡り使われるモノなので、手入れ方法により寿命は延びたり縮んだりします。
大切な家族が長く快適に住めるように、住宅に関して気になる点があったり、不満点が出てくればリフォームを考えるタイミングです。
東急ホームズは、住まいに関する悩みを解決し、生活スタイルに最適なリフォームプランを提案してくれます。

マンションのリフォーム

「スケルトンリフォーム」は、内装一式をすべて取り払い、コンクリートむき出しのマンションの構造躯体のみを残し、間取りを含め住宅設備、デザイン全てをまるで注文住宅のように一新するリフォームの新しい形です。
様々な家族構成や生活スタイルに最適なオーダーメイドの住居が実現します。
この形式のリフォームは中古マンションを購入してリフォームする方に最適なスタイルです。

ヨーロッパの街では古いマンションほど価値があると言われることがありますが、住みよい街でこの形式でリフォームをして引っ越すことは欧州スタイルのさらに一歩先を行くのかもしれません。
今後ますます注目の集まるリフォームの姿となりそうです。
もちろんこれまでの部屋の愛着のある内装や使用可能な設備を活用する、部分的リニューアルも得意分野です。
最新の生活関連設備への入れ替え、デザイン性に優れる最新のインテリアプランも提案してくれます。