Month: 12月 2017

PanasonicリフォームClub

大手生活家電会社とのシナジー効果により充実したサービスを目指す

旧社名「自由設計リフォーム・リファイン」は昭和57年の1号店開業を皮切りに、30年余り地域に高い評価を受ける住宅リフォームを行ってきたのですが、平成28年をもって「パナソニック・リフォームクラブ」の名称に改称されました。

名称が変わったとはいえ、今後ともパナソニック本社との情報共有や製品等のバックアップを受けてさらにリフォーム事業を充実させていくことが、PanasonicリフォームClubの目標です。
地域との信頼関係を継続しつつ水周りの商品を多数有するパナソニックブランドとのシナジー効果により良質なサービスを提供することが期待されているのです。

30年以上の実績を有する「リファイン」を引き継ぐ同リフォームクラブは同社の考え方に賛同するショップが参加している専門工務店の集団です。
これまで「リファイン」の旧社名の下、業界の先駆者として活躍する事30年以上、地域に根差すリフォーム工事実績を多数持ち、多くの方からの支持、評価もそのまま引き継がれています。

パナソニックはトイレやバスなどの水周り設備や内装材など幅広く住宅に密接にかかわる製品を開発しています。
パナソニック・リフォームクラブ加盟店に依頼するメリットはカタログではなく実際に各地にあるパナソニックショールームで現物を体感後に工事依頼ができるということです。

長い歴史と高い評価を受けるパナソニックリフォーム

パナソニック・リフォーム・クラブは、オリコンが平成28年に行った顧客満足度調査で一戸建て住宅リフォーム部門において2位に輝いています。
個別には営業担当スタッフの提案力や施工担当スタッフの対応等に高い評価が集まり、その部門では1位にランキングしています。

実際にリフォームを依頼した経験を有する施主を対象としたこの調査結果で高い評価を受けていることは、30年以上にわたり地域に密着して培われた信頼と努力の証であると思われます。

暮らし方をイメージすることからリフォームは開始

リフォームのフローを大きく括ると事前準備、次にリフォーム会社とプランの決定、最後に着工の3ステップです。
まず理想のリフォーム実施のために把握しておくのは、予定資金、リフォーム関連製品の情報、現状の不満点・不足点です。
次に気になる実績写真などからリフォーム会社を複数社ピックアップし、プランを詰めていきます。

ある程度プランが固まれば各社に費用を見積もってもらい、満足のいく見積もりを出した会社に決定します。
続いて契約に移り工事日程が決まり必要があれば近隣へも挨拶をしておきます。
完了すれば引き渡しとなるのですが、アフターケアとして一定期間の保証の検討もしておきます。