Month: 7月 2014

消費者契約法

●消費者の権利を守るために生まれた法律です

消費者契約法とは、簡単に言えば「消費者」の権利を守るための法律です。

事業者と消費者がそれぞれいた場合、商品に関する情報はどちらがより多く持っているでしょうか?当然ですが、それは事業者ですよね。商品を扱う側である事業者側の方が、圧倒的に多くの情報を持っているでしょう。

また、「交渉」に関しても考えてみてください。

事業者と消費者、どちらが交渉力があるか?と言われたら、まちがいなく事業者です。

このような関係が当たり前になってしまうと、何事においても事業者が圧倒的に有利になり、消費者が煮え湯を飲まされる可能性もでてきます。

そこでできたのが、消費者契約法。

この消費者契約法ができたので、消費者が事業者と契約をしたあとでも「内容に誤解があった場合は契約をとりけすことができる」ということになりました。

 

○消費者の弱い立場を、どこかで守らなくてはならない

たとえば、生命保険を例にあげてみたいと思います。

生命保険の契約内容って、一般的にはすごく解りにくいですよね。

だからこそ、生命保険を販売する側というのは「消費者の疑問に対し誠実に答え、解らないところは解らないように丁寧に教える」ということが必要になります。これをしなければならないと定めているのが法律です。

この法律がなければ、消費者が「解りにくい説明のまま契約に至る→のちにトラブルになる」などのことが起きる可能性がありますので、「きちんと説明をする義務がありますよ」と国が法律を作って定めているわけです。

これが法律がないままだと、利益をとるために騙そうとしたり、わざと良いようにいって現実とは異なることを伝えたりなどという卑怯な輩がでてくるでしょう。この法律では、そういった輩を許さあないという確固たる信念を感じることができます。

 

事業者というのはいわばプロですので、一般人の素人がその時だけ知識で対抗をしようとしたところで 言いくるめられてしまうことあります。だから、消費者の立場を守ったのがこの法律になります。

 

消費者たちがあんしんして買い物をすることができる様に、こういった「消費者を守るための法律」は必ず必要になるもの。そして、そういった法律があるからこそ、私たちは安心して生活をすることができるのです。

 

消費者たちがあんしんして買い物をすることができる様に、こういった「消費者を守るための法律」は必ず必要になるもの。そして、そういった法律があるからこそ、私たちは安心して生活をすることができるのです。

逆にこれがなかった場合、私たちは何かをするたびに事業者との戦いを覚悟しなければなりませんし、きちんと知識をえなければというプレッシャーと闘うことになります。また、一生に一度の大切な買い物で大きな失敗をしてしまう可能性も出てきます。